【問18】建築基準法の問題と解説【2018年宅建士試験】

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

問18:問題(建築基準法1)

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建築物の高さ31m以下の部分にある全ての階には、非常用の進入口を設けなければならない。
  2. 防火地域内にある3階建ての木造の建築物を増築する場合、その増築に係る部分の床面積の合計が10平方メートル以内であれば、その工事が完了した際に、建築主事又は指定確認検査機関の完了検査を受ける必要はない。
  3. 4階建ての事務所の用途に供する建築物の2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
  4. 建築基準法の改正により、現に存する建築物が改正後の規定に適合しなくなった場合、当該建築物の所有者又は管理者は速やかに当該建築物を改正後の建築基準法の規定に適合させなければならない。

問18:解答・解説(建築基準法1)

解答・解説に関しましては、宅建士合格広場独自の見解に基づき作成したものとなっています。事前の予告をすることなく変更する場合がございますので予めご了承ください。

  1. 誤り。
    建築物の高さ31m以下の部分にある3階以上の階(不燃性の物品の保管その他これと同等以上に火災の発生のおそれの少ない用途に供する階又は国土交通大臣が定める特別の理由により屋外からの進入を防止する必要がある階で、その直上階又は直下階から進入することができるものを除きます。)には、原則として、非常用の進入口を設けなければなりません。
    本問では、「全ての階」と記載されていますので、誤りです。
  2. 誤り。
    3階建ての木造の建築物ですので、大規模建築物に該当します。
    防火地域及び準防火地域以外の地域において「増築・改築・移転」をしようとする場合で、「増築・改築・移転」にかかる部分の床面積の合計が10平方メートル以内のときは、建築確認が不要となります。
    本問は、防火地域内の話ですので、面積によって、建築確認が不要とはなりません。
    なお、建築確認を受ける必要がある!ということは、完了検査を受ける必要がある!ということになります。
  3. 正しい。
    屋上広場又は2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければなりません。
    本問では、4階建てですので、2階、3階、4階に設けます。
  4. 誤り。
    問題文を読みますと、「建築基準法の改正により、現に存する建築物が改正後の規定に適合しなくなった」と記載されていますので、当該建築物は、既存不適格建築物となります。
    ですので、改正後の建築基準法の規定に適合させる必要はなく、適合しない規定については、適用されないことになります。

A.3

≫≫問題・解説目次ページ

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ