35条書面一問一答

10月21日(日)本試験終了後から、解答を順次掲載していきます。

※当サイトが予想した合格点を掲載するため、皆さんの自己採点の結果をお知らせください!ご協力の程、よろしくお願い致します。

≫2018年宅建士試験解答速報

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

重要事項の説明(35条書面)【問題と解説】

宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法(以下、宅建業法という)第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、同条の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 重要事項の説明場所

宅地建物取引業者は、買主の自宅で35条書面を交付して重要事項の説明を行うことができない。

【解答・解説】 

重要事項の説明場所は、どこでもよいです。

×が正解になります。

問題2 重要事項の説明をする者

宅地建物取引業者であるA及びBが、共同で宅地の売買の媒介を行う場合、AとBは、Aの宅地建物取引士C一人を代表として、宅地の買主に対し重要事項説明書を交付して重要事項について説明させることができる。

【解答・解説】 

A、Bいずれかの宅地建物取引士1人が代表して、重要事項の説明をすることができます。

が正解になります。

問題3 移転登記の申請の予定時期

宅地の売買の媒介において、当該宅地に係る移転登記の申請の予定時期については、説明しなくてもよい。

【解答・解説】 

移転登記の申請の予定時期については、説明する必要はありません。

が正解になります。

問題4 借賃以外に授受される金銭の定めがあるとき

宅地建物取引業者は、マンションの1戸の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に授受される金銭の定めがあるときは、その金銭の額、授受の目的及び保管方法を説明しなければならない。

【解答・解説】 

借賃以外に授受される金銭の定めがあるときは、その金銭の額、授受の目的については、説明する義務があります。

しかし、保管方法については、説明する必要がありません。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材