【問50】建物の問題と解説【2018年宅建士試験】

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

問50:問題(建物)

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
  2. 集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。
  3. 鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。
  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。

問50:解答・解説(建物)

解答・解説に関しましては、宅建士合格広場独自の見解に基づき作成したものとなっています。事前の予告をすることなく変更する場合がございますので予めご了承ください。

  1. 正しい。
    「強度が増す!」「腐りにくい!」「保温性が向上!」などの効果があるため、水分を多く含んだ木材よりも、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい!といえます。
  2. 正しい。
    集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物(体育館等)にも使用されています。
  3. 誤り。
    鉄骨造は、不燃構造ですが、耐火性が低く、耐火材料による耐火被覆をしなければ耐火構造にすることができません。
  4. 正しい。
    コンクリートの中性化が進行(アルカリ性が失われる)

    コンクリート内部の鉄筋が錆びて膨張

    コンクリートのひび割れなどが発生

    そこから、雨水が浸入するなどの結果、建物に危険性が及ぶ

    注意、そして、対策(例えば、二酸化炭素に触れさせないなど)が必要!

A.3

≫≫問題・解説目次ページ

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ