広告等に関する規制一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

 宅建士合格広場教材

広告等に関する規制【問題と解説】

次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下、宅建業法という)の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 虚偽広告

市街化調整区域に所在する物件を市街化区域と表示した場合、虚偽広告に該当することとなる。

【解答・解説】 

市街化調整区域に所在する物件を市街化区域と表示した場合、虚偽広告に該当します。

が正解になります。

問題2 誇大広告

宅地建物取引業者Aが行う広告については、実際のものよりも著しく優良又は有利であると人を誤認させるような表示であっても、誤認による損害が実際に発生しなければ、監督処分の対象とならない。

【解答・解説】 

実際のものよりも著しく優良又は有利であると人を誤認させるような表示は、誇大広告等の禁止の規定に違反します。

なお、誤認による損害が実際に発生しなかった場合でも、誇大広告等の禁止の規定に違反します。

×が正解になります。

問題3 取引態様の別の明示

宅地建物取引業者は、顧客から宅地の売買の注文を受けたときは、その売買契約成立後遅滞なく、取引態様の明示をする必要がある。

【解答・解説】 

宅建業者は、宅地又は建物の売買、交換又は貸借に関する注文を受けたときは、遅滞なく、その注文をした者に対して、取引態様の別を明らかにしなければなりません。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材