贈与契約テキスト

贈与契約とは、ある人(贈与者)が財産を無償で相手方(受贈者)に与える意思を表示し、相手方が受諾することにより、効力が生じる諾成契約のことです。なお、無償契約で、片務契約です。

2018年度版フルセット教材は、完売のため、販売を終了させて頂きます。

2018年度版直前答練は、引き続き、販売しております。なお、数に限りがございますので、予めご了承ください。

宅建士試験予想問題

贈与の撤回

書面によらない贈与の場合

書面によらない贈与の場合、各当事者は、原則、いつでも、自由に撤回することができます。ただし、履行が終わった部分については、撤回することができません。

【補足】

  1. 贈与契約は、書面でも、書面で行わない場合でも有効です。

  2. 不動産については、引渡しか所有権移転登記のどちらかが行われた場合に、「履行が終わった」とされます。

書面による贈与の場合

書面による贈与の場合、原則、撤回することができません

 

贈与の効力

  1. 贈与者は、財産を移転する義務を負います。例えば、財産が不動産の場合、引渡しや所有権移転登記を行う必要があります。
  2. また、贈与者は、特定物(不動産等)を受贈者に引き渡すまで善良な管理者の注意をもって、その物を保存する必要があります。
  3. 贈与者は、原則、贈与の目的である物又は権利の瑕疵又は不存在について、その責任を負いません。ただし、贈与者がその瑕疵又は不存在を知りながら受贈者に告げなかったときは、責任を負うことになります。なお、負担付贈与の場合、贈与者は、その負担の限度で、売主と同様の担保責任を負います。

【補足】

  1. 例えば、贈与者であるAが、建物を受贈者であるBに贈与した。その建物に瑕疵があった場合、原則、受贈者は、無料でもらっているのに、文句を言うことはできません。ただし、贈与といっても、受贈者の承諾を得て、契約を締結しているので、贈与者が、瑕疵等の事実を知りながら、受贈者に何も言わなかった場合、受贈者は、例外として、贈与者に対して、担保責任を負うことになります。

  2. 負担付贈与とは、受贈者にも一定の負担を負わせる贈与のことです。例えば、贈与者が、「老後の生活の面倒をみてくれるのなら、建物を贈与します」というような場合のことです。負担付贈与は、無償契約ですが、贈与者に対して負担を負うという観点から、実質的に、有償契約に近いものであり、その負担の限度で、売主と同様の担保責任を負うことになります。また、双務契約の規定が準用されます。

定期贈与

定期贈与とは、例えば、毎月末に一定のお金を給付する場合等で、定期の給付を目的とする贈与のことです。定期贈与は、贈与者・受贈者のどちらかが死亡した場合に、贈与の効力を失うことになり、相続人に承継されません。

死因贈与

死因贈与とは、例えば、自分が死んだら、建物をあげる場合等で、贈与者の死亡により効力が生じる贈与のことです。死因贈与は、性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用します。

【補足】

  1. 遺贈とは、遺言により財産を与えるものです。

  2. 死因贈与の場合、遺贈に関する規定が準用されるので、贈与が書面によるものであっても、贈与者は、後に、いつでも撤回することができます

テキストを読み終えた後は、穴埋め問題を解きましょう。

また、穴埋め問題を解き終えた後は、一問一答を解きましょう。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材