所得税一問一答

2018年宅建士試験の合格点→→37点

2018年宅建士試験の合格率→→15.6%

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

所得税【問題と解説】

所得税に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 棚卸資産の譲渡

譲渡所得とは資産の譲渡による所得をいうので、個人の宅地建物取引業者が販売の目的で所有している土地を譲渡した場合には、譲渡所得として課税される。

【解答・解説】 

棚卸資産(これに準ずる資産として政令で定めるものを含む。)の譲渡その他営利を目的として継続的に行われる資産の譲渡による所得については、譲渡所得に含まれません。

本問では、宅地建物取引業者が販売の目的で所有している土地を譲渡しているので、棚卸資産の譲渡に該当し、譲渡所得として課税されません。

×が正解になります。

問題2 居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除

平成27年1月1日において所有期間が10年以下の居住用財産については、居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除(租税特別措置法第35条第1項)を適用することができない。

【解答・解説】 

居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除は、所有期間に関係なく、適用することができます。

×が正解になります。

問題3 住宅ローン控除との併用

平成27年中に居住用家屋を居住の用に供した場合において、その前年において居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算の適用を受けているときであっても、平成27年分以後の所得税について住宅ローン控除の適用を受けることができる。

【解答・解説】 

前年において居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算の適用を受けているときであっても住宅ローン控除の適用を受けることはできます。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ