印紙税一問一答

2018年宅建士試験の合格点→→37点

2018年宅建士試験の合格率→→15.6%

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

印紙税【問題と解説】

印紙税に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 建物の賃貸借契約書

建物の賃貸借契約書には、印紙税が課されない。

【解答・解説】 

建物の賃貸借契約書には、印紙税が課されません。

が正解になります。

問題2 請負契約書

記載された契約金額が1万円未満の請負契約書には、印紙税が課されない。

【解答・解説】 

記載された契約金額が1万円未満の請負契約書には、印紙税が課されません。

が正解になります。

問題3 増額変更するとき

「平成27年10月1日付建設工事請負契約書の契約金額2,000万円を5,000万円に増額する」旨を記載した変更契約書は、記載金額5,000万円の建設工事の請負に関する契約書として印紙税が課される。

【解答・解説】 

変更前の契約金額等の記載のある原契約書が作成されていることが明らかであり、変更契約書に変更金額が記載されている場合(変更前の契約金額と変更後の契約金額が記載されていることにより変更金額を算出できる場合及び変更前の契約金額と変更後の契約金額との差額が記載されている場合も含む。)で、変更前の契約金額について、増額変更するときは、増加額が、記載金額となります。

よって、3,000万円が記載金額となります。

×が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ