民法NO3【間違いを探せ問題】

今から、宅建士試験の民法【共有・抵当権】で暗記して頂きたい条文や判例等を掲載します。

ただ、その中には、あえて、間違っている文章を掲載しています。

じっくり読み、間違った文章を探してください。

じっくり読み、考えることが重要なので、解答については、宅建士合格広場のメルマガに掲載します。なので、メルマガの方も、是非、よろしくお願い致します。

なお、解答については、セット教材購入者専用ページにも掲載しているので、セット教材購入者の方は、こちらでも、解答を見ることができます。

7/31まで早割価格!

2018年度版直前答練

販売価格3,500円

~7月31日までの早割価格です~

≫詳細はこちらのページで

 宅建士合格広場教材

共有【民法】

間違った文章を探し出してください。なお、正しい文章については、正確に暗記してください。

  1. 共有者の1人が、自分の持分を放棄した場合、その持分は、他の共有者のものになる。
  2. 分割を禁止する特約は、更新することができるが、その期間は、更新の時から3年を超えることができない。
  3. 共有者との協議に基づかないで、一部の共有者から共有地の占有使用を承認された第三者に対し、他の共有者は、当然には、明渡しを請求することができない。
  4. 不法占拠者がいる場合のその不法占拠者に対する共有物の明渡し請求は、保存行為に該当する。

抵当権【民法】

間違った文章を探し出してください。なお、正しい文章については、正確に暗記してください。

  1. 物上代位権を行使するためには、払渡し又は引渡し前に差押えることが必要となる。
  2. 更地に抵当権が設定された後、建物が建築された場合、法定地上権は成立しない。
  3. 主たる債務者、保証人及びこれらの者の承継人は、抵当権消滅請求をすることができる。
  4. 抵当権設定後に抵当不動産を賃借した者は、原則、抵当権者及び買受人に対して賃借権を対抗することができない。
  5. 借地上の建物に設定された抵当権の効力は、特段の事情がない限り、借地権にも効力が及ぶ。
  6. 普通抵当権の場合、設定契約を締結するためには被担保債権を特定する必要がない。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材