国土利用計画法一問一答

2018年度宅建士試験の合格点は何点か?

受験生の方が気になるところです。宅建士合格広場では、合格点が何点か!を予想しております。

≫解答速報ページ

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

国土利用計画法【問題と解説】

次の記述のうち、国土利用計画法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。なお、特に指示がない限り、規制区域、注視区域、監視区域の指定はされていないものとします。

問題1 信託財産の引き受け

信託財産の引き受けについては、事後届出が不要となる。

【解答・解説】 

信託財産の引き受けについては、事後届出は不要です。

が正解になります。

問題2 一団の土地

市街化調整区域においてAが所有する面積4,800平方メートルの土地について、Bが一定の計画に従って、2,400平方メートルずつに分割して順次購入した場合、Bは事後届出を行わなければならない。

【解答・解説】 

順次購入した土地の面積の合計は、4,800平方メートルなので、5,000平方メートル未満となり事後届出は不要です。

×が正解になります。

問題3 当事者の一方又は双方が国や地方公共団体等の場合

A及びBが、C市が所有する都市計画区域外の22,000平方メートルの土地について共有持分50%ずつと定めて共同で購入した場合、A及びBは、それぞれ事後届出を行う必要はない。

【解答・解説】 

当事者の一方又は双方が国や地方公共団体等である場合、事後届出は不要となります。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材