独学で一発合格をするために必要なこと

「独学で宅建士試験一発合格!」という目標を掲げている皆さん、その目標を必ず達成させましょう。

当サイトも、全力で、皆さんが掲げた目標達成のためのサポートをしていきます。

2018年度版フルセット教材は、完売のため、販売を終了させて頂きます。

2018年度版直前答練は、引き続き、販売しております。なお、数に限りがございますので、予めご了承ください。

宅建士試験予想問題

目指せ独学一発合格!【質問&回答】

学校に通わなくても、独学で合格することができるのか?

基礎」が重要となる宅建士試験の場合、学校に通っている方と独学の方との差が開きにくい試験であり、独学で宅建士試験に合格することができます。

「基礎」は、良い教材さえあれば、一人の力でマスターできます。

もちろん、適切に学習することが前提となりますが…

※司法書士試験や税理士試験などの試験とは異なります。

一発合格は可能であるのか?

「基礎」が重要となる宅建士試験の場合、初受験の方と複数回受験の方との差が開かない試験であり、一発合格をすることができます。

「基礎」をマスターしていれば、37、38点をとることができ、「基礎」をマスターすることは、初受験の方でも、楽ではないが、難しくはありません。

ただ、1、2ヵ月の学習で、一発合格を目指すのは、リスクが高いので、おすすめできません。

おすすめなテキストは?

テキストは、当サイトのテキストがおすすめです。既に、市販のテキストを購入している方は、必ず、当サイトのテキストと併用してください。

なお、テキストは、全体像(=どのようなことを言っているのか)を把握するものです。

市販のテキストの中でのおすすめは、○○のテキストと言うより、ページ数が一番多いテキストです。

ページ数が多いということは、「要点を絞りきれていない。」のではなく、「合格するために、分かって頂きたいことが多い。」ということです。

当サイトのテキストも、「合格するために、分かって頂きたいことが多い。」結果、ボリュームがあるテキストとなっています。

テキスト以外で学習すべき教材は?

テキストは、全体像を把握するための教材です。その他に下記の事項を学習する必要があります。

・重要な要点を暗記する。

・問題を解き、解説を理解し、暗記する。

・学習した事項を復習する。

・重要法改正事項を暗記する。

・統計数値等を暗記する。

・予想問題を解く。

 

宅建士合格広場では、上記の事項を全て学習できる教材を用意しています。

有料版教材

1.要点整理集

試験でよく出題される要点とその要点に対応する過去問題を掲載しています。

2.一問一答式問題集・四肢択一式問題集

一問一答式問題集には、全問本試験レベルの問題を掲載しています。

四肢択一式問題集には、全問本試験レベル以上の問題を掲載しています。

3.復習まとめ集

この教材には、合格するために暗記しなければならない事項を全て、穴埋め問題形式で掲載しています。INPUT教材は、この教材1冊で十分です。

4.直前答練模試

宅建士合格広場では、予想問題の位置づけで直前答練を販売します。

無料版教材

1.法改正問題対策

重要な法改正部分を掲載しています。

2.統計問題対策

重要な統計問題数値等を掲載しています。

3.無料版一問一答

無料版の次は、有料版にチャレンジして下さい。

4.無料版予想模試

本試験より簡単に作成しています。無料版の次は、有料版にチャレンジして下さい。

5.穴埋め問題

暗記確認用の穴埋め問題を掲載しています。

6.数字まとめ

重要な数字部分のみをまとめています。

7.過去問

数年分の過去問を掲載しています。

8.用語集

用語の意味を掲載しています。

過去問を何年分解く必要があるのか?

過去問は、皆さんが重要論点を使いこなせれるようになるための練習教材です。

過去問を解く上で重要なことは、○年分の過去問を解くことよりも、重要な過去問を解くことです。このことは、すごく大事なので、忘れないでください。

 

一発合格するためには、何時間勉強すれば良いのか?

一般的に、250時間以上勉強する必要があると言われています。個人的な見解として、勉強時間は、最低でも、200時間くらいは必要だと思います。

勉強時間についての詳しい説明は、「勉強時間の確保と使い方」のページをお読みください。

 

分からない箇所が出てきた場合、どうすれば良いのか?

勉強を進めていくと分からない箇所が、必ず、出てきます。

分からない箇所をほったらかしにしてはいけません。

ただ、分からない箇所を克服することは、独学一発合格を目指す皆さんにとっては、とても、難しいことです。

当サイトでは、販売している教材の質問をお受けしているので、質問で、分からない箇所を克服していきましょう。

どの科目から勉強を始めたら良いのか?

宅建士試験の問題は、権利関係(民法、借地借家法、不動産登記法、区分所有法)、法令上の制限(都市計画法、建築基準法、農地法、土地区画整理法等)、宅建業法等(宅建業法、住宅瑕疵担保履行法)、税その他(印紙税、所得税、固定資産税、地価公示法、不動産鑑定評価基準、景表法等)から出題されており、多くの法律を勉強する必要があります。

「どの科目から勉強を始めていったら良いのか?」という疑問をもたれている方もいると思います。

結論から言いますと、「この科目から、必ず、勉強を始めなければならない。」ということはありません。

ただ、効率的な学習のためには、民法の学習を終えた後に、宅建業法の学習を始めた方が良いです。また、民法の学習が終わってから借地借家法の学習を始めた方が良いです。

勉強する順番のおススメ【絶対的なものではない】

民法

民法以外の権利関係(どこから始めても良いです。皆さんがお持ちのテキストどおり! )

宅建業法

住宅瑕疵担保履行法

法令上の制限(どこから始めても良いです。皆さんがお持ちのテキストどおり!)

税その他(どこから始めても良いです。皆さんがお持ちのテキストどおり!)

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材