宅建士試験に合格できるの?不合格になるのでは!

「勉強が苦手で夏の模試で21点だったのに、本試験で41点!」

「2015年18点、2016年27点、2017年43点!2回目の受験で諦めないで良かった!!」

本当にありがとうございました。

宅建士合格広場は、

皆さんが選んだ選択肢が間違いでないことを証明します。

当サイトの教材ご購入様で、「勉強が苦手」という方は沢山おられます。
そして、その中でも、合格された方は沢山おられます。

決して、高得点で合格はしておりませんが、5点免除を受けずに合格されています。

あなたが「合格したいという気持ち」があれば、全力でサポートいたします。

学生、社会人、主婦とそれぞれ、勉強できる環境は違います。他にはない、一人一人に適したアドバイスをさせて頂きます。

【他の受験生以上の知識を得る】

皆さんもご存知のとおり、宅建士試験は、〇点以上で合格できる試験ではなく、上位〇%の方しか合格することができない競争試験です。

競争試験ということは、他の受験生が解ける問題を絶対に落としてはいけません。

逆に、他の受験生が解けない問題を1・2問でも正解することができれば、確実に合格することができます。

宅建士合格広場の教材では、「他の受験生が解ける問題」だけに対応しているのではなく、「他の受験生が解けない問題」にも対応しています。

【覚えなければならない箇所を覚える】

合格する方は、覚えなければならない箇所を正確に覚えています。

不合格になる方は、「覚える箇所を知らない」「覚える箇所が少ない」などの理由で、覚えなければならない箇所を覚えていません。

宅建士合格広場の教材では、覚えなければならない箇所を提供しています。

【問題の解き方を知る】

覚えなければならない箇所を正確に覚えたとしても問題を解くことができなければ、覚えたことが無意味です。

合格する方は、問題の解き方を知っています。

不合格になる方は、「問題になるとどうしても解くことができない」など問題の解き方を知りません。

宅建士合格広場では、教材購入者専用ページにて、「覚えたことをどのようにして使っていくのか!」など問題の解き方について説明しています。

【分からない箇所は放置しない】

勉強が進めば進むほど「理解できない箇所」がでてきます。

通学・通信制の方は、講師に質問をし、正確な知識を習得することができます。

独学の方は、ネットや書籍などで調べる必要があり、また、調べたとしても間違った知識を習得してしまう可能性があります。

宅建士合格広場では、メールにて質問をお受けしていますので、理解できない箇所を放置しないでください。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材