2017年度版答練成績【TOP10】

    

この度は、宅建士合格広場の直前答練をご購入頂きありがとうございました。また、点数をお知らせ頂きありがとうございました。

直前答練で35点以上取ることができた方は、合格するための力が身についています。後は、本試験までに、間違えた箇所を勉強し、本試験まで継続して復習してください。

点数を取ることも大事ですが、最も大事なことは、答練に掲載している問題全てをINPUTすることです。

答練だけでも、1,000論点以上ありますので、合格を諦めそうになりかけている方も、この答練だけはINPUTした状態で本試験に挑んでください。

まだ、直前答練をご購入されていない方は、是非、ご購入ください。

詳しくは、直前答練ページからどうぞ

答練第1回目:成績上位10名

宅建答練(第1回)

【講評】

皆さん、第1回直前答練お疲れ様でした。

正解することが難しい個数問題を多く出題していますので、高得点を取ることが難しかったと思います。1つ1つの論点は、基礎的な論点ですが、個数問題にすることで、正解率が低くなります。これは、本試験でも同じです。

この直前答練で高得点を取れなかったとしても、問題ありません。大事なことは、間違えた箇所を必ず復習することです。そして、本試験で、似た問題が出題されたときに、必ず正解することです

第1回直前答練の平均点は、9/30現在、34点(小数点以下切り捨て、対象人数823人)となっております。

第1回直前答練が本試験と仮定した場合、35点がボーダーで、36点以上であれば、合格が確実だと思います。

権利関係(問題1問~問題14問)は、高得点を取ることが難しかったと思います。問1の民法条文規定問題、問3の代理問題、問8の事務管理等問題、問14の不動産登記問題は、正解することが難しい問題です。

法令制限(問題15~問題22)は、問20の宅地造成等規制法以外の論点は正解して頂きたいです。

税その他(問題23~問題25、問題46~問題50)は、問46の機構、問50の建物以外の論点は正解して頂きたいです。

宅建業法等(問題26~問題45)は、問28の宅地建物取引士、問35の改正等問題、問36のクーリング・オフ、問43の宅地建物取引業の免許以外の論点は正解して頂きたいです。

直前答練第2回目:成績上位10名

宅建答練(第2回)

【講評】

皆さん、第2回直前答練お疲れ様でした。

第2回直前答練の平均点は、9/30現在、33点(小数点以下切り捨て、対象人数689人)となっております。

正解することが難しい個数問題を多く出題していますので、高得点を取ることが難しかったと思います。1つ1つの論点は、基礎的な論点ですが、個数問題にすることで、正解率が低くなります。これは、本試験でも同じです。

この直前答練で高得点を取れなかったとしても、問題ありません。大事なことは、間違えた箇所を必ず復習することです。そして、本試験で、似た問題が出題されたときに、必ず正解することです

第2回直前答練が本試験と仮定した場合、34点がボーダーで、35点以上であれば、合格が確実だと思います。

権利関係(問題1問~問題14問)は、高得点を取ることが難しかったと思います。問1の民法条文規定問題、問2の代理問題、問5の錯誤問題、問7の物権変動問題、問9の時効問題は、正解することが難しい問題です。

法令制限(問題15~問題22)は、問19の建築基準法以外の論点は正解して頂きたいです。

税その他(問題23~問題25、問題46~問題50)は、問23の印紙税、問47の景表法以外の論点は正解して頂きたいです。

宅建業法等(問題26~問題45)は、問26の宅地建物取引業の免許、問35の重要事項説明問題、問40の報酬、問43の保証協会以外の論点は正解して頂きたいです。 

直前答練第3回目:成績上位10名

宅建答練(第3回)

【講評】

皆さん、第3回直前答練お疲れ様でした。

第3回直前答練の平均点は、9/30現在、32点(小数点以下切り捨て、対象人数704人)となっております。

正解することが難しい個数問題を多く出題していますので、高得点を取ることが難しかったと思います。1つ1つの論点は、基礎的な論点ですが、個数問題にすることで、正解率が低くなります。これは、本試験でも同じです。

この直前答練で高得点を取れなかったとしても、問題ありません。大事なことは、間違えた箇所を必ず復習することです。そして、本試験で、似た問題が出題されたときに、必ず正解することです

第3回直前答練が本試験と仮定した場合、33点がボーダーで、35点以上であれば、合格が確実だと思います。

権利関係(問題1問~問題14問)は、高得点を取ることが難しかったと思います。問1の民法条文規定問題、問3の物上代位問題、問5の消滅時効等問題、問11の借地借家法問題は、正解することが難しい問題です。

法令制限(問題15~問題22)は、問17の建築基準法問題、問19の国土利用計画法問題以外の論点は正解して頂きたいです。

税その他(問題23~問題25、問題46~問題50)は、問24の所得税問題、問46の機構問題以外の論点は正解して頂きたいです。

宅建業法等(問題26~問題45)は、問27の宅地建物取引業の免許問題、問36の重要事項説明問題、問41の宅地等問題、問44のクーリング・オフ問題以外の論点は正解して頂きたいです。

直前答練第4回目:成績上位10名

宅建答練(第4回)

【講評】

皆さん、第4回直前答練お疲れ様でした。

第4回直前答練の平均点は、9/30現在、32点(小数点以下切り捨て、対象人数684人)となっております。

正解することが難しい個数問題を多く出題していますので、高得点を取ることが難しかったと思います。1つ1つの論点は、基礎的な論点ですが、個数問題にすることで、正解率が低くなります。これは、本試験でも同じです。

この直前答練で高得点を取れなかったとしても、問題ありません。大事なことは、間違えた箇所を必ず復習することです。そして、本試験で、似た問題が出題されたときに、必ず正解することです

第4回直前答練が本試験と仮定した場合、35点がボーダーで、36点以上であれば、合格が確実だと思います。

権利関係(問題1問~問題14問)は、高得点を取ることが難しかったと思います。問1の民法条文規定問題、問2の抵当権問題、問8の相殺等問題、問9の留置権等問題は、正解することが難しい問題です。

法令制限(問題15~問題22)は、問16の土地区画整理法問題、問19の都市計画法問題以外の論点は正解して頂きたいです。

税その他(問題23~問題25、問題46~問題50)は、問25の不動産鑑定評価基準問題、問50の建物問題以外の論点は正解して頂きたいです。

宅建業法等(問題26~問題45)は、問26の宅地建物取引士問題、問29の重要事項説明問題、問35の手付金等の保全措置等問題、問42の監督処分等問題以外の論点は正解して頂きたいです。

直前答練第5回目:成績上位10名

宅建答練(第5回)

【講評】

皆さん、第5回直前答練お疲れ様でした。

第5回直前答練の平均点は、9/30現在、28点(小数点以下切り捨て、対象人数575人)となっております。

正解することが難しい個数問題を多く出題していますので、高得点を取ることが難しかったと思います。1つ1つの論点は、基礎的な論点ですが、個数問題にすることで、正解率が低くなります。これは、本試験でも同じです。

この直前答練で高得点を取れなかったとしても、問題ありません。大事なことは、間違えた箇所を必ず復習することです

第5回直前答練が本試験と仮定した場合、33点がボーダーで、35点以上であれば、合格が確実だと思います。

権利関係(問題1問~問題14問)は、高得点を取ることが難しかったと思います。問1の民法条文規定問題、問2の不法行為問題、問3の制限行為能力者問題、問8の連帯債務等問題は、正解することが難しい問題です。

法令制限(問題15~問題22)は、問18の都市計画法問題、問22の農地法問題以外の論点は正解して頂きたいです。

税その他(問題23~問題25、問題46~問題50)は、問23の印紙税問題、問24の固定資産税問題以外の論点は正解して頂きたいです。

宅建業法等(問題26~問題45)は、問42のクーリング・オフ問題、問43の宅地建物取引業免許問題、問44の監督処分問題以外の論点は正解して頂きたいです。

直前答練第6回目:成績上位10名

宅建答練(第6回)

【講評】

皆さん、第6回直前答練お疲れ様でした。

第6回直前答練の平均点は、9/30現在、30点(小数点以下切り捨て、対象人数488人)となっております。

正解することが難しい個数問題を多く出題していますので、高得点を取ることが難しかったと思います。1つ1つの論点は、基礎的な論点ですが、個数問題にすることで、正解率が低くなります。これは、本試験でも同じです。

この直前答練で高得点を取れなかったとしても、問題ありません。大事なことは、間違えた箇所を必ず復習することです。そして、本試験で、似た問題が出題されたときに、必ず正解することです

第6回直前答練が本試験と仮定した場合、32点がボーダーで、35点以上であれば、合格が確実だと思います。

権利関係(問題1問~問題14問)は、高得点を取ることが難しかったと思います。問1の民法条文規定問題、問4の占有問題、問5の抵当権問題、問6の物権変動問題は、正解することが難しい問題です。

法令制限(問題15~問題22)は、問17の都市計画法問題、問19の建築基準法問題以外の論点は正解して頂きたいです。

税その他(問題23~問題25、問題46~問題50)は、問25の不動産鑑定評価基準問題、問49の土地問題以外の論点は正解して頂きたいです。

宅建業法等(問題26~問題45)は、問28の宅地建物取引業免許問題、問30の監督処分問題、問32の重要事項説明問題以外の論点は正解して頂きたいです。