外壁の後退距離等テキスト

2018年度版フルセット教材は、完売のため、販売を終了させて頂きます。

2018年度版直前答練は、引き続き、販売しております。なお、数に限りがございますので、予めご了承ください。

宅建士試験予想問題

建築物の敷地面積の最低限度

【1】原則

建築物の敷地面積は、用途地域に関する都市計画において建築物の敷地面積の最低限度が定められたときは、原則、当該最低限度以上でなければなりません。

なお、都市計画において建築物の敷地面積の最低限度を定める場合、その最低限度は、200平方メートルを超えてはなりません。

【補足】

全ての用途地域において、必要があるときには、都市計画で200平方メートルを超えない範囲内で敷地面積の最低限度を定めることができます。そして、敷地面積の最低限度を定める場合、その最低限度以上でなければなりません。

【2】例外

下記の敷地の場合、都市計画において建築物の敷地面積の最低限度が定められても、上記【1】の制限を受けないことになります。

  1. 建蔽率の限度が10分の8とされている地域内、かつ、防火地域内にある耐火建築物
  2. 公衆便所、巡査派出所その他これらに類する建築物で公益上必要なもの
  3. その敷地の周囲に広い公園、広場、道路その他の空地を有する建築物で、特定行政庁が市街地の環境を害するおそれがないと認めて、建築審査会の同意を得て許可したもの
  4. 特定行政庁が用途上又は構造上やむを得ないと認めて、建築審査会の同意を得て許可したもの

低層住居専用地域内における外壁の後退距離

第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・田園住居地域内においては、建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離(外壁の後退距離といいます)は、当該地域に関する都市計画において外壁の後退距離の限度が定められた場合においては、政令で定める場合を除き、当該限度以上でなければなりません。

なお、都市計画において外壁の後退距離の限度を定める場合においては、その限度は、1.5メートル又は1メートルとします。

【補足】

第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・田園住居地域についてのみ、良好な住居環境を確保のため必要があれば、都市計画で、外壁の後退距離の限度(1.5メートル又は1メートルのいずれか)を定めることができます。そして、外壁の後退距離の限度を定める場合、政令で定める場合を除き、その限度以上でなければなりません。

テキストを読み終えた後は、穴埋め問題を解きましょう。

また、穴埋め問題を解き終えた後は、一問一答を解きましょう。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材