借地権一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

7/31まで早割価格!

2018年度版直前答練

販売価格3,500円

~7月31日までの早割価格です~

≫詳細はこちらのページで

 宅建士合格広場教材

借地権【問題と解説】

次の記述のうち、借地借家法及び民法の規定並びに判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。なお、問題上、特に指示がない限り、定期借地権、一時使用目的借地権、旧借地法については、考慮する必要はありません。

問題1 借地権対抗力

Aは、建物の所有を目的としてBから土地を貸借し、建物を建築して所有しているが、その土地の借地権については登記をしていない。この場合において、その土地の所有権がBからCに移転され所有権移転登記がなされた。Aが、Aの名義ではなく、Aと氏を同じくするAの長男名義で、本件建物につき保存登記をしていたとしても、Aは、借地権をCに対抗することができない。

【解答・解説】 

借地人の長男名義で保存登記をしている建物を所有していても、借地権を第三者に対抗することはできません。

が正解になります。

問題2 建物が滅失した場合の対抗力

Aは、建物の所有を目的としてBから土地を貸借し、建物を建築して所有しているが、その土地の借地権については登記をしていない。この場合において、その土地の所有権がBからCに移転され、所有権移転登記がなされた。その後、当該建物が火事により滅失した場合、建物を新たに築造する旨を当該土地の上の見やすい場所に掲示していたとしても、Aは、当該建物について登記していなかったときには、借地権をCに対抗することができない。

【解答・解説】 

借地上の登記のなされた建物が滅失した場合、借地権者が、その建物を特定するために必要な事項、その滅失があった日及び建物を新たに築造する旨を土地の上の見やすい場所に掲示するときは、借地権は、第三者に対する対抗力を有します。

本問は、そもそも借地上建物について登記がなされていないので、借地権をCに対抗することができません。

が正解になります。

問題3 代諾許可

借地権者が賃借権の目的である土地の上の建物を第三者に譲渡しようとする場合において、その第三者が賃借権を取得しても借地権設定者に不利となるおそれがないにもかかわらず、借地権設定者がその賃借権の譲渡を承諾しないときは、裁判所は、第三者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができる。

【解答・解説】 

第三者の申立てではなく、借地権者の申立てにより、裁判所は借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができます。

×が正解になります。

問題4 転借人の建物買取請求権

Aが、Bに土地を賃貸し、Bがその土地上に建物を所有している。BがAの承諾を得て土地をCに転貸し、建物を譲渡した場合、AB間、BC間の契約が、ともに期間満了し更新がなければ、CはAに対し直接建物買取請求権を有する。

【解答・解説】 

借地の転貸借があり、賃貸借契約と転貸借契約がともに期間満了により終了した場合、転借人は、直接、賃貸人に対する建物買取請求権を有します。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材