物上代位~民法徹底解説

「民法の問題が難しい?」「民法を理解できない?」といった質問をよくお受けしています。

教材購入者の皆様からの要望をお受けし、宅建士試験で出題される可能性のある民法の条文等(このページでは、物上代位)を出来る限り簡単に説明します。

宅建士試験の問題の中で一番難しいのは、民法の問題ですので、逆に、民法の問題で高得点を取ることができれば、合格に直結します。

民法の問題が苦手と思っている教材購入者の方は、是非、お読みください。

 宅建士合格広場教材

皆様からの要望や質問をお受けし、宅建士合格広場では、過去問題を動画で解説していきます。また、他のコンテンツに関しましても動画でUPしていきます。

≫≫教材購入者の皆様は、こちらの動画解説ページをご利用ください。

※教材購入者の皆様は、宅建士合格広場が作成しました全ての動画をご覧頂けます。なお、過去問の解説以外の動画に関しましては、上記のページには掲載しておりませんので、こちらのページ(宅建士合格広場のチャンネルページ)でチャンネル登録をして頂いて、必ず、見逃さないようにお願い致します。

≫≫教材購入者以外の皆様は、こちらの動画解説ページをご利用ください。

※誠に申し訳ございませんが、教材購入者以外の皆様は、一部の動画しかご覧頂けません。なお、過去問の解説以外の動画に関しましては、上記のページには掲載しておりませんので、こちらのページ(宅建士合格広場のチャンネルページ)でチャンネル登録をして頂いて、必ず、見逃さないようにお願い致します。

物上代位~民法条文

~民法372条~

民法296条、304条及び351条の規定は、抵当権について準用する。

 

~民法304条~

ーー1項ーー

先取特権は、その目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。ただし、先取特権者は、その払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければならない。

ーー2項ーー

債務者が先取特権の目的物につき設定した物権の対価についても、1項と同様とする。

このページで解説した判例等以外にも重要な判例が多くありますので、教材購入者の方は、復習まとめ集及び問題集を完璧にしてください。

物上代位~民法解説

民法304条の規定は、先取特権について規定されていますが、民法372条によれば、「抵当権について準用する。」と規定されています。

ですので、民法304条1項の規定は、以下のように読むことができます。

抵当権は、その目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。ただし、抵当権者は、その払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければならない。

【パターン1】

流れに従って簡単に解説します。

Aさんが、Bさんに対してお金を貸しました。その担保として、B所有の甲建物に抵当権を設定し、設定登記をしています。

※Aさん=抵当権者、Bさん=抵当権設定者

その後、Bさんは、甲建物をCさんに、家賃月10万円で貸しました。

※Bさんは、Cさんから家賃を受け取ることができます。つまり、Bさんは、Cさんに対して、賃料債権を有しています。

※Cさん=第三債務者

その後、返済期日が到来したのですが、Bさんは、Aさんに、お金を返しませんでした。

この場合、Aさんは、Bさんに貸しているお金を回収するために、甲建物について競売を申し立てることができますが、「それでは、費用も時間もかかる!」と思っており、「BさんがCさんから受け取っている賃料から回収したいなあ?」と思っています。

この場合、Aさんは、BさんがCさんから受け取っている賃料から回収することができるのでしょうか?

賃料債権に対して、物上代位することができます。

つまり、Aさんは、BさんがCさんから受け取っている賃料から回収することができます。

では、Aさんは、賃料から回収するためには、何をする必要があるのでしょうか?

Aさんは、その払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければなりません。

なぜ、差押えをする必要があるのでしょうか?

賃借人であるCさんのことを考えてください。

賃借人であるCさんは、賃貸人であるBさんに賃料を支払っています。

しかし、実際は、Bさんには借金があり、それも、甲建物に抵当権が設定されており、さらに、Aさんが物上代位を行使し、賃料債権がAさんに帰属しています。

つまり、Cさんは、Bさんではなく、Aさんに賃料を支払えば良いのですが・・・

そんなことを知らないCさんは、Bさんに賃料を支払いますよね。

Bさんに賃料を支払うことを防ぐために、差押えをしなければなりません。

差押えがあれば、Cさんは、「Bさんに賃料を支払うのではなく、Aさんに支払えば良いのか!」と知ることができますよね。

繰り返しますが、Aさんは、CさんがBさんに賃料を支払う前に差押えをしなければなりません!

「払渡し又は引渡しの前に差押え」が、物上代位の適用要件です。

 

【パターン2】

流れに従って簡単に解説します。

Aさんが、Bさんに対してお金を貸しました。その担保として、B所有の甲建物に抵当権を設定し、設定登記をしています。

その後、Bさんは、甲建物をCさんに、家賃月10万円で貸しました。

その後、Bさんは、Cさんに対して有している賃料債権をDさんに譲渡しました。

そして、Bさんは、Cさんに対し、Dさんに対する債権譲渡に係る確定日付のある通知をしたとします、つまり、対抗要件を備えたとします。

抵当権者Aさんは、賃料から債権を回収したいと思っています。

賃料債権の譲受人Dさんは、賃料を受け取ることができると思っています。

AさんとDさんのどちらが、勝つのでしょうか?

【結論】

  • 抵当権の設定登記より後に、債権譲渡の対抗要件を備えた場合、Aさんが勝ちます。つまり、物上代位することができます。
  • 債権譲渡の対抗要件を備えた後に、抵当権の設定登記がなされた場合、Aさんが負けます。つまり、物上代位することができません。

上記の例では、抵当権の設定登記が先になされていますので、Aさんは、物上代位することができます。

なお、Dさんが、Cさんから弁済を受けたのであれば、「払渡し前の差押え」という物上代位の適用要件に該当しなくなりますので、Aさんは、物上代位することができません。

 

【理由】

  • Dさんからすれば、「第三者に対する対抗要件を備えていたのに、なぜ、自分が負けるの!」と思いますが、抵当権の設定登記がなされていますので、Dさんは、「甲建物に抵当権が設定されているのか!将来、物上代位される可能性もあるな!!」と把握しておかなければなりません。把握していないDさんが、負けになります。
  • 例えば、抵当権の設定登記の方が後であれば、Dさんからすれば、「甲建物に抵当権が設定されているなんて、把握しようがない!」となりますので、Aさんは、物上代位することができません。

最後に、判例そのままを紹介します。

「払渡し又は引渡し」には債権譲渡は含まれず、抵当権者(Aさん)は、物上代位の目的債権(賃料債権)が譲渡され第三者に対する対抗要件が備えられた後においても、自ら目的債権(賃料債権)を差し押さえて物上代位権を行使することができます。

※物上代位の適用要件は、「払渡し又は引渡し前の差押え」です。
払渡し又は引渡しに債権譲渡が含まれるのなら、債権譲渡後は、物上代位することができません。
そこで、「払渡し又は引渡しには債権譲渡は含まれず」となっています、つまり、債権譲渡後も物上代位することができます。
先程も言いましたが、もちろん、「抵当権設定登記がなされていること」と「払渡し前の差押え」が大前提です。

≫≫≫民法解説目次ページに戻る

【教材購入者の方へ】

民法の問題を難しく思っている受験生の方は、非常に多いです。

宅建士合格広場の教材で勉強している皆さんにとっては、他の受験生よりも差をつけることができる科目です。

皆さんは、お持ちの教材やポイント解説ページなど、専用ページにて紹介している勉強の流れに従って勉強して頂ければ、他の教材で勉強している方よりも有利な状態で本試験に挑むことができ、その結果、宅建士試験に合格することができます。

ですので、専用ページにて紹介している勉強の流れに従って勉強してくださいね。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材