用益物権一問一答

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

宅建販売教材

用益物権【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 区分地上権

賃借権が設定されている土地について、区分地上権を設定する場合、賃借人の承諾が必要となる。

【解答・解説】 

ある土地に地上権や賃借権を設定している場合においても、区分地上権を設定することができます。しかし、この場合、賃借人等の承諾が必要となります。

よって、が正解になります。

問題2 要役地に抵当権が設定された場合

地役権設定後、要役地に抵当権が設定された場合、抵当権の効力は地役権に及ばない。なお、地役権の設定行為に別段の定めはない。

【解答・解説】 

要役地に抵当権が設定された場合、抵当権の効力は、従たる権利である地役権に及びます。

よって、×が正解になります。

問題3 時効中断の効力

甲地の共有者A・Bの2人が乙地を通行して、その上に通行地役権を時効取得しそうな場合に、乙地の所有者Cは、A・Bのいずれかに対して時効の中断をすれば、時効中断の効力はA・Bの2人に及ぶ。

【解答・解説】 

承役地の所有者は、地役権を行使している共有者全員に対して時効中断をしない限り、地役権の取得時効についての中断の効力が生じません。

よって、×が正解になります。

問題4 地役権の時効消滅

地役権者が、その権利の一部を行使しないときは、地役権は、その部分のみが時効によって消滅することになる。

【解答・解説】 

地役権者が、その権利の一部を行使しないときは、地役権は、その部分のみが時効によって消滅します。

よって、が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材