宅地造成等規制法一問一答

2018年宅建士試験の合格点→→37点

2018年宅建士試験の合格率→→15.6%

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

宅地造成等規制法【問題と解説】

次の記述のうち、宅地造成等規制法の規定によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 宅地造成等規制法上の宅地

ゴルフ場の用に供される土地は、宅地造成等規制法上の宅地に該当する。

【解答・解説】 

ゴルフ場の用に供される土地は、宅地造成等規制法上の宅地に該当します。

が正解になります。

問題2 造成主とは

造成主とは、宅地造成に関する工事の請負契約の注文者又は請負契約によらないで自らその工事をする者をいう。

【解答・解説】 

造成主とは、宅地造成に関する工事の請負契約の注文者又は請負契約によらないで自らその工事をする者をいいます。

が正解になります。

問題3 宅地造成工事に該当するか否か(切土)

宅地造成工事規制区域内において、切土であって、当該切土をする土地の面積が400平方メートルで、かつ、高さ3メートルの崖を生ずることとなるものに関する工事を行う場合には、都市計画法第29条第1項又は第2項の許可を受けて行われる当該許可の内容に適合した工事を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。

【解答・解説】 

切土をした土地の部分に高さが2メートルを超える崖を生ずることとなるものについては、許可が必要となります。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ