贈与契約一問一答

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

下記の問題を解いた後は、宅建士合格広場から発売している問題集をご購入ください。

贈与契約【問題と解説】

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものには○、誤っているものには×をつけてください。

問題1 贈与契約=諾成契約

Aは、生活の面倒をみてくれている甥のBに、自分が居住している甲建物を贈与しようと考えている。AからBに対する無償かつ負担なしの甲建物の贈与契約が、書面によらないでなされた場合、Aが履行するのは自由であるが、その贈与契約は法的な効力を生じない。

【解答・解説】 

贈与契約は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる諾成契約です。

よって、書面によらない贈与だからといって、効力が生じないわけではありません。

×が正解になります。

問題2 書面によらない贈与の撤回

未登記の建物を書面によらず贈与した場合、贈与者Aが受贈者Bにその建物を引き渡したときにおいても、Aはその贈与契約を取り消すことができる。

【解答・解説】 

書面によらない贈与の場合、各当事者は、原則、いつでも、自由に撤回することができます。ただし、履行が終わった部分については、撤回することができません。

なお、不動産の贈与の場合、引渡し(現実の引渡しに限定されず、簡易の引渡し・占有改定でもよい)又は所有権移転登記の一方がなされると、履行が終わったことになります。

×が正解になります。

問題3 瑕疵の責任

AからBに対する無償かつ負担なしの建物の贈与をする場合、Aは贈与に係る建物の瑕疵を知りながら、これをBに告げなかった場合、Bに対して責任を負うことになる。

【解答・解説】 

贈与者がその瑕疵を知りながら受贈者に告げなかったときは、責任を負うことになります。

が正解になります。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ