詐害行為取消権テキスト

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

詐害行為取消権とは

【例題】

例えば、AがBにお金を貸しています。その後、Bが、財産といえる唯一の建物をCに贈与し、C名義の登記にしました。

もし、Bが、弁済期にAに対してお金を返さなかった場合、Bの唯一の財産である建物がAに差し押さえられてしまう可能性があります。

そこで、Bは、その建物の所有権をCに移そうと思い、また、CもBの意味合いを知った上で、B・C間で贈与契約を締結しました。

このような場合、債権者であるAは、「B・C間の贈与契約を取り消し、その建物の名義をBに戻すよう」、裁判所に訴えることができます。このような、Aの権利を詐害行為取消権(債権者取消権)といいます。

この続きは、

テキスト完成版【詐害行為取消権】をご利用ください。

≫教材購入者専用ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ