宅建業法7条(免許替えの流れ)~わかりやすく解説

11/10までにご購入頂いた皆様へ

この度は、2020年度版フルセット教材をご購入いただき、誠にありがとうございます。

本日(11/11)から、ご注文頂いた順番により、教材を発送させて頂いております。

なお、予想を超えるご注文を承っておりますので、多少お時間を要すること、予めご了承ください。

令和2年宅建士試験独学合格

教材購入者専用ページ内にあります復習まとめ集ポイント解説等の一部を掲載しています。 理解を深めるためにも、復習まとめ集ポイント解説等をご利用ください。

宅建業法7条等 免許替えの流れ

~宅建業法7条~

ー1項ー

宅地建物取引業者が第3条第1項の免許を受けた後次の各号の一に該当して引き続き宅地建物取引業を営もうとする場合において同項の規定により国土交通大臣又は都道府県知事の免許を受けたときは、その者に係る従前の国土交通大臣又は都道府県知事の免許は、その効力を失う。

一 国土交通大臣の免許を受けた者が一の都道府県の区域内にのみ事務所を有することとなったとき。
二 都道府県知事の免許を受けた者が当該都道府県の区域内における事務所を廃止して、他の一の都道府県の区域内に事務所を設置することとなったとき。
三 都道府県知事の免許を受けた者が二以上の都道府県の区域内に事務所を有することとなったとき。

ー2項ー

第3条第4項の規定は、宅地建物取引業者が前項各号の一に該当して引き続き宅地建物取引業を営もうとする場合において第四条第一項の規定による申請があったときについて準用する。

免許替えの流れ 解説

免許替えには、3つのパターンがあります。

甲県知事→乙県知事【パターン1】

流れに従って簡単に解説します。

Aさんは、甲県に事務所を設置して、宅建業を営もうとしています。

この場合、Aさんは、甲県知事免許を受ける必要がありますよね!

ですので、Aさんは、甲県知事免許を受けました。

※参考条文

宅建業法3条1項によれば、「宅地建物取引業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては国土交通大臣の、一の都道府県の区域内にのみ事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては当該事務所の所在地を管轄する都道府県知事の免許を受けなければならない。」となっています。

その後、乙県に事務所を設置して宅建業を営もうかな!と思ったAさんは、甲県にある事務所を廃止し、乙県に事務所を設置し、宅建業を営むことに決めました。

免許替え(パターン1)

Aさんは、甲県に事務所を設置して宅建業を営むのですから、甲県知事免許を受ける必要があったんですよね。

それが、甲県にある事務所を廃止しました。

そして、Aさんは、乙県に事務所を設置して宅建業を営むのですから、乙県知事免許を受ける必要があります。

つまり、「甲県知事免許→乙県知事免許」とする必要があります。これを免許替えと言います。

免許替えの手続きは?

Aさんは、新たな免許権者となる乙県知事に対して、直接、免許換えの申請をします。

免許の効果は?

免許替え(有効期間)

  • 新たな免許(乙県知事免許)の有効期間は、従前の免許(甲県知事免許)の残存期間とはならず、新たな免許の取得日から5年となります。
  • 乙県知事免許を取得することにより、甲県知事免許の効力が消滅します。なお、甲県知事の免許証を返納しなければなりません。

国土交通大臣→甲県知事【パターン2】

流れに従って簡単に解説します。

Aさんは、甲県と乙県に事務所を設置し、宅建業を営もうとしています。

この場合、Aさんは、国土交通大臣免許を受ける必要がありますよね!

ですので、Aさんは、国土交通大臣免許を受けました。

※参考条文

宅建業法3条1項によれば、「宅地建物取引業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては国土交通大臣の一の都道府県の区域内にのみ事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては当該事務所の所在地を管轄する都道府県知事免許を受けなければならない。」となっています。

その後、乙県で宅建業を営むことをやめよう!と思ったAさんは、乙県にある事務所を廃止することに決めました。

免許替え(パターン2)

Aさんは、甲県と乙県に事務所を設置して宅建業を営むのですから、国土交通大臣免許を受ける必要があったんですよね。

それが、乙県にある事務所を廃止しますので、一の都道府県の区域内(甲県内)にのみ事務所を設置して、宅建業を営むことになりますので、Aさんは、甲県知事の免許を受ける必要がありますよ。

つまり、「国土交通大臣免許→甲県知事免許」とする必要があります。これを免許替えと言います。

免許替えの手続きは?

Aさんは、甲県知事に対して、直接、免許換えの申請をします。

※免許の効果は、上記と同じです。

甲県知事→国土交通大臣【パターン3】

流れに従って簡単に解説します。

Aさんは、甲県に事務所を設置して、宅建業を営もうとしています。

この場合、Aさんは、甲県知事免許を受ける必要がありますよね!

ですので、Aさんは、甲県知事免許を受けました。

※参考条文

宅建業法3条1項によれば、「宅地建物取引業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては国土交通大臣の、一の都道府県の区域内にのみ事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては当該事務所の所在地を管轄する都道府県知事の免許を受けなければならない。」となっています。

その後、乙県にも事務所を設置して宅建業を営もう!と思ったAさんは、乙県にも事務所を設置することに決めました。

免許替え(パターン3)

Aさんは、甲県に事務所を設置して宅建業を営むのですから、甲県知事免許を受ける必要があったんですよね。

その後、乙県にも事務所を設置しますので、二以上の都道府県の区域内(甲県内と乙県内)に事務所を設置して、宅建業を営むことになりますので、Aさんは、国土交通大臣免許を受ける必要があります。

つまり、「甲県知事免許→国土交通大臣免許」とする必要があります。これを免許替えと言います。

免許替えの手続きは?

Aさんは、甲県知事を経由して、国土交通大臣に、免許換えの申請をします。

※免許の効果は、上記と同じです。

≫≫≫宅建業法解説目次ページに戻る

【教材購入者の方へ】

宅建業法の問題は、得意としている方が多く、基礎問題を取りこぼすと、その地点で不合格になる可能性もあります。

ですので、宅建士合格広場の教材をご購入頂いた皆さんは、地道に、「INPUT(テキスト・復習まとめ集等)→OUTPUT(問題集等)」を何度も何度も繰り返してください。そして、知識が定着するまで、必ず、復習を怠らないでください。

復習を怠りますと、必ず、忘れます。

繰り返しますが、復習を怠らないでください。

その他の論点の解説に関しましては、教材購入者専用ページ内にあります復習まとめ集ポイント解説ページをご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ