教材を購入するかどうかを迷われている方へ

    

この教材で合格できるのか心配・・・

宅建士合格広場の教材に掲載している論点が本試験で出題されているのか?

ここが、一番、重要なことです。

大抵の方は、勉強してきた論点が本試験で出題された場合、正解することができ、逆に、勉強していない論点が本試験で出題されたとしても、正解することができません。

2018年分析ページに記載しているとおり、

宅建士合格広場の教材に掲載している論点は、本試験で出題されています。

もちろん、宅建士合格広場の教材に掲載していない論点から本試験で出題される可能性はあります。

しかし、その論点は、「捨て問」であり、合否に影響を与えるものではありません。

結論ですが、

「テキスト完成版(専用ページ内にあります)、フルセット教材(現在販売中)、直前答練(7月位販売予定)」に掲載している論点さえ押さえて頂ければ、宅建士試験に合格することができます。

しかし、簡単なことではありません。

そこで、教材購入者専用ページ内で、皆さんをフォローします。

商品がきちんと届くのか心配・・・

お支払いは、代金引換となっておりますので、ご安心ください。

申し込み完了後、ご注文確認メールをお送りいたします。
その後、7日以内でお届けいたします。ただし、交通事情や天候などにより遅延等が発生する場合がございます。(商品発送後にも、「配送業者問合せ番号」を記載したメールをお送りいたします。)
商品は郵便局より配送いたしますので、商品と引き換えに購入代金をお支払いください。

また、テレビCMなどでお馴染みのスマホアプリ「メルカリ」でも、ご購入いただけます。

他の教材を既に持っているが・・・

宅建士試験の問題が難しくなれば合格点は下がり、問題が簡単になれば合格点は上がります。

つまり、あなたが難しいと思う問題は、あなた以外の方も難しいと思っています。逆に、あなたが簡単だと思う問題は、あなた以外の方も簡単だと思っています。

そこで、一番大事なことは、皆さんが解ける問題は、あなたも解けるようにならなくてはいけません。それに加え、宅建士試験は競争試験ですので、上位15%の方だけが解ける問題を1問でも多く解けるようになることです。

そうなるためには、「皆さんが解ける問題はどの問題なのか?」「上位15%の方だけが解ける問題はどの問題なのか?」を知り、そこを徹底的に勉強しなくてはいけません。

つまり、皆さんよりも1つでも多くの知識を増やすことが、合格を確実なものにします

その観点から、是非、当サイトの教材と併用してください。もちろん、コストはかかりますが、後々この1つの知識が役立つときがきっときます。

時々、古い教材(前年度以前対応の教材)で勉強している方も、お見かけしますが、このページを見てくださっている皆さんは、必ず、今年度対策版の教材で勉強してください。古い教材で勉強している時点で、他の受験生よりも不利です

分かりやすいかどうかが心配・・・

ある1つの条文や判例を説明する際には、「〇〇だから、△△のときには、××となる。」と説明します。

上記の「〇〇」部分が、受験生にとって分かりやすい教材か否かを決める部分だと思います。

「〇〇」部分、つまり、理由部分は、当サイトのテキストを含めどのテキストでも1つの観点・1つの例題等でしか説明していません。

 1つの観点・1つの例題等だけでは、分かりやすかったと言う方もいれば、当然、分かりにくかったと言う方もいます。

そこで、宅建士合格広場では、

教材購入者専用ページ内に、「動画解説」「ポイント解説」「解答根拠規定問題」を用意しています。

これらは、初学者の方にも分かりやすく!という観点で、条文や判例等を「詳しく、かつ、丁寧に」解説しています。

これでも、分かりにくい!という方のために質問も受け付けております。

質問をお受けすることにより、その人に応じた説明をすることができます。

お気軽にお問い合わせください

教材についてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせページにて、お問い合わせ下さい。

各教材の詳細は、こちらをご覧ください。