過去問 目次

宅建士試験の過去問題と解答・解説を掲載しています。過去問を分析し、宅建士試験の傾向を把握していきましょう。

解答・解説はすべて出題年の法令に基づいて作成しておりますので、現行法令と異なる場合がございますのでご注意ください。

※なお、フルセット教材は、解くべき過去問を網羅しておりますので、別途、過去問を解く必要はございません。

2019年(令和元年)過去問

2018年(平成30年)過去問

2017年(平成29年)過去問

2016年(平成28年)過去問

2015年(平成27年)過去問

2014年(平成26年)過去問

2013年(平成25年)過去問

2012年(平成24年)過去問

2011年(平成23年)過去問

過去問〇×問題

出題形式対応問題

NO IMAGE

【2019年(令和元年)宅建士試験】問題と解説の目次

2019年(令和元年)に実施されました宅建士試験の問題と解答・解説の目次ページとなっています。 宅建士試験合格に向けてご利用ください。なお、...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問1】物権変動等の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問1:問題(物権変動等)Aは、Aが所有している甲土地をBに売却した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているも...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問2】意思表示等の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問2:問題(意思表示等) AがBに甲土地を売却し、Bが所有権移転登記を備えた場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤って...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問3】瑕疵担保責任の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問3:問題(瑕疵担保責任) 事業者ではないAが所有し居住している建物につきAB間で売買契約を締結するに当たり、Aは建物引渡しから3か月に限...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問4】不法行為の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問4:問題(不法行為) 不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 放火によって家屋が減失し、...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問5】判決文の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問5:問題(判決文) 次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び判例並びに下記判決文によれば、誤っているものはどれか。 (判決文) ...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問6】遺産分割の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問6:問題(遺産分割) 遺産分割に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 被相続人は、遺言によって遺...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問7】弁済等の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問7:問題(弁済等) Aを売主、Bを買主として甲建物の売買契約が締結された場合におけるBのAに対する代金債務(以下「本件代金債務」という。...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問8】請負の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問8:問題(請負) Aを注文者、Bを請負人とする請負契約(以下「本件契約」という。)が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問9】時効中断の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問9:問題(時効中断) AがBに対して金銭の支払を求めて訴えを提起した場合の時効の中断に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問10】抵当権の順位の譲渡問題と解説【2019年宅建士試験】

問10:問題(抵当権の順位の譲渡) 債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2,000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権...

記事の続きを読む

NO IMAGE

【問11】賃貸借(借地)問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

問11:問題(賃貸借:借地) 甲土地につき、期間を50年と定めて賃貸借契約を締結しようとする場合(以下「ケース(1)」という。)と、期間を...

記事の続きを読む

1 2 3 4 16