数字まとめ【税その他】

【2019年度解答速報】

問1

問11 問21 問31 問41

問2

問12 問22 問32 問42

問3

問13 問23 問33 問43

問4

問14 問24 問34 問44

問5

問15 問25 問35 問45

問6

問16 問26 問36 問46

問7

問17 問27 問37 問47

問8

問18 問28 問38 問48

問9

問19 問29 問39 問49

問10

問20 問30 問40 問50

宅建士試験で出題されそうな税その他の重要数字をまとめています。膨大な量ですが、必ず、暗記してください。また、穴埋め問題を利用して暗記できているかどうかを確認していきましょう。

印紙税

数字の暗記編

平成26年4月1日以降に作成した受取書については、記載金額が万円未満のものについて非課税となります。平成26年3月31日以前に作成した受取書については、記載金額が万円未満のものについて、非課税となります。

数字の確認編

平成26年4月1日以降に作成した受取書については、記載金額が(  )万円未満のものについて非課税となります。平成26年3月31日以前に作成した受取書については、記載金額が(  )万円未満のものについて、非課税となります。

不動産取得税

数字の暗記編
  1. 宅地評価土地を取得した場合における当該土地の取得に対して課する不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成18年1月1日から平成33年3月31日までの間に行なわれた場合に限り、当該土地の価格の2分の1となります。
  2. 土地の取得の場合、課税標準が10万円未満のときには、不動産取得税が課されません。
  3. 家屋の取得のうち、建築に係るものについては、1戸につき、課税標準が23万円未満のときには、不動産取得税が課されません。なお、家屋の取得のうち、建築に係るもの以外のものについては、1戸につき、課税標準が12万円未満のときには、不動産取得税が課されません。
  4. 不動産取得税を徴収しようとする場合において納税者に交付すべき納税通知書は、遅くとも、その納期限前10日までに納税者に交付しなければなりません。
  5. 床面積が、50平方メートル以上240平方メートル以下(賃貸マンション等については、一区画について、40平方メートル以上240平方メートル以下)であることが、新築住宅の課税標準の特例の要件の1つです。
  6. 床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下であることが、中古住宅の課税標準の特例の要件の1つです。

数字の確認編
  1. 宅地評価土地を取得した場合における当該土地の取得に対して課する不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成18年1月1日から平成33年3月31日までの間に行なわれた場合に限り、当該土地の価格の(  )となります。
  2. 土地の取得の場合、課税標準が(  )万円未満のときには、不動産取得税が課されません。
  3. 家屋の取得のうち、建築に係るものについては、1戸につき、課税標準額が(  )万円未満のときには、不動産取得税が課されません。なお、家屋の取得のうち、建築に係るもの以外のものについては、1戸につき、課税標準額が(  )万円未満のときには、不動産取得税が課されません。
  4. 不動産取得税を徴収しようとする場合において納税者に交付すべき納税通知書は、遅くとも、その納期限前(  )日までに納税者に交付しなければなりません。
  5. 床面積が、(  )平方メートル以上(  )平方メートル以下(賃貸マンション等については、一区画について、(  )平方メートル以上(  )平方メートル以下)であることが、新築住宅の課税標準の特例の要件の1つです。
  6. 床面積が(  )平方メートル以上(  )平方メートル以下であることが、中古住宅の課税標準の特例の要件の1つです。

固定資産税

数字の暗記編
  1. 質権又は100年より永い存続期間の定めのある地上権の目的である土地については、その質権者又は地上権者が、固定資産税の納税義務者となります。
  2. 1月1日時点での固定資産課税台帳に登録された価格(固定資産税評価額)が、課税標準となります。
  3. 毎年4月1日から、4月20日又は当該年度の最初の納期限の日のいずれか遅い日以後の日までの間、その指定する場所において、土地価格等縦覧帳簿や家屋価格等縦覧帳簿を、固定資産税の納税者の縦覧に供しなければなりません。
  4. 標準税率は、1.4%となります。
  5. 納税通知書は、遅くとも、納期限前10日までに納税者に交付しなければなりません。
  6. 固定資産税の納期は、月、月、12月及び月中において、当該市町村の条例で定めます。ただし、特別の事情がある場合においては、これと異なる納期を定めることができます。
  7. 土地の場合、課税標準が30万円未満のときには、原則、固定資産税が課されません。
  8. 家屋の場合、課税標準が20万円未満のときには、原則、固定資産税が課されません。
  9. 償却資産の場合、課税標準が150万円未満のときには、原則、固定資産税が課されません。
  10. 住宅用地の200平方メートル以下の部分(小規模住宅用地)については、住宅用地の価格の6分の1が、課税標準となります。
  11. 住宅用地の200平方メートル超の部分については、住宅用地の価格の3分の1が、課税標準となります。
  12. 下記の全ての要件に該当する新築住宅が、階建て以上の中高層耐火建築物については、年間又それ以外の住宅については、年間にわたって、床面積の120平方メートルまでの住宅部分について、固定資産税額の2分の1が減額されることになります。

    (1)床面積の2分の1以上が、居住の用に供されていること。なお、この要件は、併用住宅(店舗兼住宅等)の場合です。

    (2)居住の用に供する部分の床面積が、50平方メートル以上280平方メートル以下(戸建て以外の賃貸住宅の場合には、40平方メートル以上280平方メートル以下)であること。

数字の確認編
  1. 質権又は(  )年より永い存続期間の定めのある地上権の目的である土地については、その質権者又は地上権者が、固定資産税の納税義務者となります。
  2. (  )時点での固定資産課税台帳に登録された価格(固定資産税評価額)が、課税標準となります。
  3. 毎年(  )から、(  )又は当該年度の最初の納期限の日のいずれか遅い日以後の日までの間、その指定する場所において、土地価格等縦覧帳簿や家屋価格等縦覧帳簿を、固定資産税の納税者の縦覧に供しなければなりません。
  4. 標準税率は、(  )%となります。
  5. 納税通知書は、遅くとも、納期限前(  )日までに納税者に交付しなければなりません。
  6. 固定資産税の納期は、(  )月、(  )月、(  )月及び(  )月中において、当該市町村の条例で定めます。ただし、特別の事情がある場合においては、これと異なる納期を定めることができます。
  7. 土地の場合、課税標準が(  )万円未満のときには、原則、固定資産税が課されません。
  8. 家屋の場合、課税標準が(  )万円未満のときには、原則、固定資産税が課されません。
  9. 償却資産の場合、課税標準が(  )万円未満のときには、原則、固定資産税が課されません。
  10. 住宅用地の(  )平方メートル以下の部分(小規模住宅用地)については、住宅用地の価格の(  )が、課税標準となります。
  11. 住宅用地の(  )平方メートル超の部分については、住宅用地の価格の( )が、課税標準となります。
  12. 下記の全ての要件に該当する新築住宅が、(  )階建て以上の中高層耐火建築物については、(  )年間又それ以外の住宅については、(  )年間にわたって、床面積の(  )平方メートルまでの住宅部分について、固定資産税額の(  )が減額されることになります。

    (1)床面積の(  )以上が、居住の用に供されていること。なお、この要件は、併用住宅(店舗兼住宅等)の場合です。

    (2)居住の用に供する部分の床面積が、(  )平方メートル以上(  )平方メートル以下(戸建て以外の賃貸住宅の場合には、(  )平方メートル以上(  )平方メートル以下)であること。

登録免許税

数字の暗記編
  1. 床面積が50平方メートル以上であること(隣接する二棟以上の家屋を共に当該住宅の用に供する場合は、全ての家屋の床面積の合計が50平方メートル以上であること。)が、住宅用家屋についての所有権保存登記の税率の特例の適用要件の1つです
  2. 床面積が50平方メートル以上であること(隣接する二棟以上の家屋を共に当該住宅の用に供する場合は、全ての家屋の床面積の合計が50平方メートル以上であること。)が、住宅用家屋についての所有権移転登記の税率の特例の適用要件の1つです
  3. 床面積が50平方メートル以上であること(隣接する二棟以上の家屋を共に当該住宅の用に供する場合は、全ての家屋の床面積の合計が50平方メートル以上であること。)が、住宅取得資金の貸付け等に係る抵当権の設定登記の税率の特例の適用要件の1つです
  4. 登録免許税の額が万円以下の場合その他政令で定める場合には、当該登録免許税の額に相当する金額の印紙を当該登記等の申請書にはり付けて登記所等に提出することにより、国に納付することができます。

数字の確認編
  1. 床面積が(  )平方メートル以上であること(隣接する二棟以上の家屋を共に当該住宅の用に供する場合は、全ての家屋の床面積の合計が50平方メートル以上であること。)が、住宅用家屋についての所有権保存登記の税率の特例の適用要件の1つです
  2. 床面積が(  )平方メートル以上であること(隣接する二棟以上の家屋を共に当該住宅の用に供する場合は、全ての家屋の床面積の合計が50平方メートル以上であること。)が、住宅用家屋についての所有権移転登記の税率の特例の適用要件の1つです
  3. 床面積が(  )平方メートル以上であること(隣接する二棟以上の家屋を共に当該住宅の用に供する場合は、全ての家屋の床面積の合計が50平方メートル以上であること。)が、住宅取得資金の貸付け等に係る抵当権の設定登記の税率の特例の適用要件の1つです
  4. 登録免許税の額が(  )万円以下の場合その他政令で定める場合には、当該登録免許税の額に相当する金額の印紙を当該登記等の申請書にはり付けて登記所等に提出することにより、国に納付することができます。

所得税

数字の暗記編
  1. 建物等の所有を目的とする土地の賃借権の設定の対価として支払を受ける権利金の金額が、その土地の価額の10分の5に相当する金額を超える場合には、譲渡所得として課税されます。なお、10分の5に相当する金額以下である場合には、不動産所得として課税されることになります。
  2. 取得費が不明な場合には、譲渡収入金額の%とすることができます。
  3. 長期譲渡所得とは、譲渡した年の1月1日現在、所有期間が年を超えるものの所得のことです。土地建物を譲渡した場合、短期譲渡所得とは、譲渡した年の1月1日現在、所有期間が年以下のものの所得のことです。
  4. 3千万円特別控除の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること。」などです。
  5. 特定の居住用財産の買換えの特例の譲渡資産の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること」、「譲渡対価の額が、億円以下であること」、「家屋と敷地の両方が、譲渡した年の1月1日において、所有期間が10年を超えていること」、「譲渡した人による居住期間が10年以上であること」などです。また、特定の居住用財産の買換えの特例の買換資産の要件として、「居住の用に供する部分の床面積が50平方メートル以上であり、敷地の面積が、500平方メートル以下であること。」などです。
  6. 居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の譲渡資産の適用要件として、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること」、「譲渡した年の1月1日において、所有期間が年を超えていること。」、「譲渡資産を譲渡する契約を締結した日の前日において、譲渡資産に係る償還期間10年以上の住宅ローンの残高があること。」などがあります。
  7. 居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること。」、「家屋と敷地の両方が、譲渡した年の1月1日において、所有期間が10年を超えていること。」などです。
  8. 住宅ローン控除の適用要件は、「住宅の新築、取得、増改築等をした日からカ月以内に居住の用に供し、住宅ローン控除を受けようとする各年の12月31日まで引き続いて居住していること。」、「住宅ローン控除の適用を受けようとする個人の、控除を受けようとする年の合計所得金額が、3,000万円以下であること。」、「新築・取得をした住宅、増改築等後の住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上が、専ら居住の用に供するものであること。また、補助金等の額を控除した増改築等の工事費用の額が100万円超であり、その額の2分の1以上が居住用部分の工事費用であること。」、「10年以上にわたって分割して返済していく、住宅新築等のための借入金があること。」などです。

数字の確認編
  1. 建物等の所有を目的とする土地の賃借権の設定の対価として支払を受ける権利金の金額が、その土地の価額の(  )に相当する金額を超える場合には、譲渡所得として課税されます。なお、(  )に相当する金額以下である場合には、不動産所得として課税されることになります。
  2. 取得費が不明な場合には、譲渡収入金額の(  )%とすることができます。
  3. 長期譲渡所得とは、譲渡した年の1月1日現在、所有期間が(  )年を超えるものの所得のことです。土地建物を譲渡した場合、短期譲渡所得とは、譲渡した年の1月1日現在、所有期間が(  )年以下のものの所得のことです。
  4. 3千万円特別控除の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から(  )年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること。」などです。
  5. 特定の居住用財産の買換えの特例の譲渡資産の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から(  )年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること」、「譲渡対価の額が、(  )億円以下であること」、「家屋と敷地の両方が、譲渡した年の1月1日において、所有期間が(  )年を超えていること」、「譲渡した人による居住期間が(  )年以上であること」などです。また、特定の居住用財産の買換えの特例の買換資産の要件として、「居住の用に供する部分の床面積が(  )平方メートル以上であり、敷地の面積が、(  )平方メートル以下であること。」などです。
  6. 居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の譲渡資産の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から(  )年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること」、「譲渡した年の1月1日において、所有期間が(  )年を超えていること。」、「譲渡資産を譲渡する契約を締結した日の前日において、譲渡資産に係る償還期間(  )年以上の住宅ローンの残高があること。」などがあります。
  7. 居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の適用要件は、「以前に居住の用に供していた家屋を居住の用に供しなくなった日から(  )年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡していること。」、「家屋と敷地の両方が、譲渡した年の1月1日において、所有期間が(  )年を超えていること。」などです。
  8. 住宅ローン控除の適用要件は、「住宅の新築、取得、増改築等をした日から(  )カ月以内に居住の用に供し、住宅ローン控除を受けようとする各年の12月31日まで引き続いて居住していること。」、「住宅ローン控除の適用を受けようとする個人の、控除を受けようとする年の合計所得金額が、(  )万円以下であること。」、「新築・取得をした住宅、増改築等後の住宅の床面積が(  )平方メートル以上であり、床面積の(  )以上が、専ら居住の用に供するものであること。また、補助金等の額を控除した増改築等の工事費用の額が(  )万円超であり、その額の(  )以上が居住用部分の工事費用であること。」、「(  )年以上にわたって分割して返済していく、住宅新築等のための借入金があること。」などです。

贈与税

数字の暗記編
  1. 相続時精算課税制度の適用を受けるための要件として、「贈与年の1月1日において、60歳以上である親又は祖父母が、贈与者(贈与する人)であること。」、「受贈者は、贈与者の推定相続人(将来、相続人になれる人)である20歳以上である子供又は20歳以上である孫であること。」などがあります。
  2. 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税制度の特例の適用を受けるための要件として、「贈与により住宅取得等資金の取得をした日の属する年の翌年3月15日までに当該住宅取得等資金の全額をもって、住宅用家屋の新築、取得、建築後使用されたことのない住宅用家屋の取得、既存住宅用家屋の取得、居住の用に供している住宅の増改築等し、同日までに、居住の用に供すること又は同日後遅滞なく居住の用に供することが確実であると見込まれること。」、「住宅の床面積(増改築等の場合には、増改築後の床面積)が50平方メートル以上で、床面積の2分の1以上に相当する部分が、専ら居住の用に供していること。」、「増改築等の場合には、一定の増改築等の工事に要した費用の額が100万円以上であること。」などがあります。
  3. 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の適用を受けるための要件として、「直系尊属(父、母、祖父母など。年齢は何歳でもよいです)から住宅取得等資金の贈与を受けた贈与者の20歳以上である直系卑属であること。」、「住宅の床面積(増改築等の場合には、増改築後の床面積)が50平方メートル以上240平方メートル以下で、床面積の2分の1以上に相当する部分が、専ら居住の用に供していること。」、「この規定の適用を受けようとする子供や孫の贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下であること。」などがあります。

数字の確認編
  1. 相続時精算課税制度の適用を受けるための要件として、「贈与年の1月1日において、(   )歳以上である親又は祖父母が、贈与者(贈与する人)であること。」、「受贈者は、贈与者の推定相続人(将来、相続人になれる人)である(  )歳以上である子供又は(  )歳以上である孫であること。」などがあります。
  2. 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税制度の特例の適用を受けるための要件として、「贈与により住宅取得等資金の取得をした日の属する年の翌年(  )までに当該住宅取得等資金の全額をもって、住宅用家屋の新築、取得、建築後使用されたことのない住宅用家屋の取得、既存住宅用家屋の取得、居住の用に供している住宅の増改築等し、同日までに、居住の用に供すること又は同日後遅滞なく居住の用に供することが確実であると見込まれること。」、「住宅の床面積(増改築等の場合には、増改築後の床面積)が(  )平方メートル以上で、床面積の(   )以上に相当する部分が、専ら居住の用に供していること。」、「増改築等の場合には、一定の増改築等の工事に要した費用の額が(  )万円以上であること。」などがあります。
  3. 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の適用を受けるための要件として、「直系尊属(父、母、祖父母など。年齢は何歳でもよいです)から住宅取得等資金の贈与を受けた贈与者の(  )歳以上である直系卑属であること。」、「住宅の床面積(増改築等の場合には、増改築後の床面積)が(  )平方メートル以上(  )平方メートル以下で、床面積の(  )以上に相当する部分が、専ら居住の用に供していること。」、「この規定の適用を受けようとする子供や孫の贈与を受けた年の合計所得金額が(  )万円以下であること。」などがあります。

セット教材購入者の方は、上記の事項を暗記した後は、必ず、重要数字の問題を解きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ