宅建士試験情報【合格率、合格点など】

1.宅建士試験の試験日は?

2.宅建士試験は、受験資格の制限は?

3.宅建士試験の合格点は?

4.宅建士試験の合格率は?

5.宅建士試験は、誰が作成しているのか?

6.宅建士試験の問題が5問免除される登録講習とは?

上記の事項をご存知でしょうか。

上記の事項について具体的に記載していくので、宅建士試験に興味を持ち、チャレンジしようと考えている方は、参考にしてください。

宅建士試験予想問題

 宅建士合格広場教材

直前答練購入者の皆さんへ

皆さんからお知らせ頂きました点数の集計結果(第1回:合格点、合格ボーダー)を以下のページにて掲載しています。

今後の勉強に向けて、現時点での皆さんの力を把握してください。

≫≫≫直前答練成績ページ

本試験日は?本試験時間は?

宅建士試験は、毎年1回、通常10月の第3日曜日に実施されています。

宅建士試験は、午後1時からスタートし午後3時に終わります。すなわち、2時間で、試験問題を解く必要があります。

ただし登録講習修了者は、午後1時10分からスタートし午後3時に終わります。すなわち、1時間50分で、試験問題を解く必要があります。

受験資格の制限は?合格者の年齢等は?

年齢、性別、国籍、学歴、実務経験などの制限はなく、誰でも受験することができます。

18歳未満の若い方から70歳以上の高齢の方まで、また、男女に関係なく、宅建士試験に合格しています。

合格点は?合格率は?

受験者数合格率合格点
平成29年度209,145人15.6%35点
平成28年度198,463人15.4%35点
平成27年度194,926人15.4%31点
平成26年度192,029人17.5%32点
平成25年度186,292人15.3%33点
平成24年度191,169人16.7%33点
平成23年度188,572人16.1%36点
平成22年度186,542人15.2%36点
平成21年度195,515人17.9%33点
平成20年度209,401人16.2%33点
平成19年度209,697人17.3%35点

誰が作成しているのか?

宅建士試験は、弁護士、教授、役人の方々によって作成されています。

役人の方の人数が多いです。

登録講習(5点免除講習)制度

登録講習(5問免除講習)を受講し、修了試験に合格した登録講習修了者は、以後3年以内に行われる宅建試験において、「土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること」、「宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること」=例年、宅建士試験問題の問46から問50で出題される5問が免除されることになります。

具体的に、「土地に関する問題」、「建物に関する問題」、「統計問題」、「住宅金融支援機構」、「不当景品類および不当表示防止法」の5問が免除されます。

なお、誰でも、登録講習(5問免除講習)を受講することができるのではありません。宅建業に従事していない方は、登録講習(5問免除講習)を受講することができません。

当然なことですが、5問免除される。つまり、確実に5点は取れるので、登録講習(5問免除講習)を受講していない受験生の方よりも有利となります。

登録講習(5問免除講習)を受講するためには、おおよそ、1万円から2万円の費用がかり、かつ、ある程度の時間を要します。お金と時間を要するのがデメリットです。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材