【問8】請負の問題と解説【2019年(令和元年)宅建士試験】

現在、フルセット教材の申込みが殺到しておりまして、本日中に発送することができない状況となっております。

ご迷惑をおかけすること、誠に申し訳ございません。

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

問8:問題(請負)

Aを注文者、Bを請負人とする請負契約(以下「本件契約」という。)が締結された場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 本件契約の目的物たる建物に重大な瑕疵があるためこれを建て替えざるを得ない場合には、AはBに対して当該建物の建替えに要する費用相当額の損害賠償を請求することができる。
  2. 本件契約が、事務所の用に供するコンクリ ート造の建物の建築を目的とする場合、Bの瑕疵担保責任の存続期間を20年と定めることができる。
  3. 本件契約の目的が建物の増築である場合、Aの失火により当該建物が焼失し増築できなくなったときは、Bは本件契約に基づく未履行部分の仕事完成債務を免れる。
  4. Bが仕事を完成しない間は、AはいつでもBに対して損害を賠償して本件契約を解除することができる。

問8:解答・解説(請負)

解答・解説に関しましては、宅建士合格広場独自の見解に基づき作成したものとなっています。事前の予告をすることなく変更する場合がございますので予めご了承ください。

≫2019年宅建士試験講評ページ

  1. 正しい
    本件契約の目的物たる建物に重大な瑕疵があるためこれを建て替えざるを得ない場合には、注文者Aは、請負人Bに対し、建物の建て替えに要する費用相当額の損害賠償を請求することができます。
    ※これは、判例ですが、ここから、改正民法につながっていきます。
  2. 誤り
    建物その他の土地の工作物の請負人は、その工作物又は地盤の瑕疵について、引渡しの後5年間その担保の責任を負うことになります。ただし、この期間は、石造、土造、れんが造、コンクリート造、金属造その他これらに類する構造の工作物については、「10年」とします。
    ※ここは、改正民法にご注意ください。
  3. 正しい
    注文者であるAの責めに帰すべき事由によって、仕事の完成が不能となっています。
    ですので、請負人Bは、未履行部分の仕事完成債務を免れることになります。

    なお、この場合でも、請負人は、注文者に対して報酬の全額を請求することができます。
  4. 正しい
    請負人Bが仕事を完成しない間は、注文者Aは、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができます。

解答:2

≫2019年過去問目次ページ

覚えるべき論点を知らない

理解すべき論点を知らない

覚えるべき論点を覚えていない

理解すべき論点を理解していない

これでは、2020年(令和2年)宅建士試験に合格することができません。

是非、合格を可能にする2020年度版(令和2年度版)フルセット教材で勉強してください。

※改正民法・改正建築基準法など改正済みですので、ご安心ください。

≫フルセット教材詳細ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ