【問34】37条書面の問題と解説【2018年宅建士試験】

↓お知らせ↓

誠に申し訳ございませんが、直前答練の早割価格での販売を7月31日で終了させて頂きます。

8月1日から値上げさせて頂きますので、ご購入希望の方は、お早めにお願い致します。

≫直前答練の詳細ページへ

2019年度版宅建士試験教材

問34:問題(37条書面)

宅地建物取引業者が媒介により既存建物の貸借の契約を成立させた場合、宅地建物取引業法第37条の規定により、当該貸借の契約当事者に対して交付すべき書面に必ず記載しなければならない事項の組合せはどれか。

瑕疵担保責任の内容
当事者の氏名(法人にあっては、その名称)及び住所
建物の引渡しの時期
建物の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者双方が確認した事項
  1. ア、イ
  2. イ、ウ
  3. イ、エ
  4. ウ、エ

問34:解答・解説(37条書面)

解答・解説に関しましては、宅建士合格広場独自の見解に基づき作成したものとなっています。事前の予告をすることなく変更する場合がございますので予めご了承ください。

記載事項でない

瑕疵担保責任の内容については、売買・交換の場合の任意的記載事項(定めがあるときに限って、記載しなければならない事項のことです。)となりますが、貸借の場合の記載事項とはなりません。

記載事項である

当事者の氏名(法人の場合、その名称)及び住所については、売買・交換・貸借の場合の必要的記載事項(必ず、記載しなければならない事項のことです。)となります。

記載事項である

宅地又は建物の引渡しの時期については、売買・交換・貸借の場合の必要的記載事項となります。

記載事項でない

建物が既存の建物であるときは、建物の構造耐力上主要な部分等(=建物の構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分として国土交通省令で定めるもの)の状況について当事者の双方が確認した事項については、売買・交換の場合の必要的記載事項となりますが、貸借の場合の記載事項とはなりません。

A.2

≫≫問題・解説目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ