不動産鑑定評価基準

2019年宅建士試験の解答に関しましては、以下のページにて、2019年10月20日(日)16時30分頃から公開する予定です。

なお、昨年同様、アクセス集中が予定され、サーバーダウンする可能性もございますのでご了承ください。また、メルマガ(まぐまぐ)において、解答を送信する予定です。メルマガに関しましては、本試験直後、順次、数回に分けて、送信予定です。

≫≫2019年解答速報ページ

【復習まとめ集:税その他編NO1:不動産鑑定評価基準】から出題しております。

一部分だけ掲載しておりますので、この続きは、宅建士合格広場から販売しております復習まとめ集をご利用ください。

下記の記述の( )には、何が入るのでしょうか?

土地の種別は、地域の種別に応じて分類される土地の区分であり、(宅地、農地)、林地、見込地、移行地等に分けられ、さらに地域の種別の細分に応じて細分される。宅地とは、宅地地域のうちにある土地をいい、住宅地、商業地、工業地等に細分される。

原価法は、対象不動産が建物又は建物及びその敷地である場合において、(再調達原価)の把握及び減価修正を適切に行うことができるときに有効であり、対象不動産が土地のみである場合においても、(再調達原価)を適切に求めることができるときはこの手法を適用することができる。

収益価格を求める方法には、一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法((直接還元法)という。)と、連続する複数の期間に発生する純収益及び復帰価格を、その発生時期に応じて現在価値に割り引き、それぞれを合計する方法((DCF法)という。)がある。

≫復習まとめ集販売詳細ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ