【問4】時効の問題と解説【2018年宅建士試験】

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

問4:問題(時効)

時効の援用に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。
  2. 後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる。
  3. 詐害行為の受益者は、債権者から詐害行為取消権を行使されている場合、当該債権者の有する被保全債権について、消滅時効を援用することができる。
  4. 債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした場合、その後、債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。

問4:解答・解説(時効)

解答・解説に関しましては、宅建士合格広場独自の見解に基づき作成したものとなっています。事前の予告をすることなく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

  1. 正しい。
    以下の表(ポイント解説ページに掲載していました表)にも掲載しているとおり、保証人は、時効を援用することができます。
    ですので、現時点では、主たる債務者と保証人が時効を援用することができます。
    しかし、主たる債務者が時効の利益を放棄しました。
    時効の利益の放棄は、「相対効」、つまり、時効の利益を放棄しなかった者(保証人)には何も影響を及ぼすことはありません。
    ですので、主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は、時効を援用することができます。
  2. 誤り。
    以下の表のとおり、後順位抵当権者は、消滅時効を援用することができません。
    結論が重要ですが!理由は、以下のとおりです。

    時効消滅により直接利益を受ける者が援用できます。

    先順位抵当権の被担保債権が消滅

    後順位抵当権者の順位が上昇

    競売の結果、配当額が増加する可能性がある?繰り返しになりますが可能性!!

    この配当額の増加に対する期待は、順位の上昇によってもたらされる反射的(間接的)な利益にすぎない。(=直接利益を受けていない)

    援用できない。
  3. 正しい。
    詐害行為の受益者は、消滅時効を援用することができます。
    結論が重要ですが!理由は、以下のとおりです。

    時効消滅により直接利益を受ける者が援用できます。

    「受益者=詐害行為取消権行使の直接の相手方」

    詐害行為取消権が行使→詐害行為取消し→利益喪失

    反面、債権者の債権が消滅→利益喪失を免れる。

    直接利益を受ける

    援用できる。
  4. 正しい。
    本来なら、時効が完成していますので、債務者は、時効を援用すれば終わりです。
    しかし、債務者は、一部弁済など債務の承認をしました。
    債権者からすれば、「債務者は、もう、援用しない!」と思います。
    この債権者の思いを裏切ってはいけない!という観点で、「債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。」ということになります。

民法145条において、「時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。」と規定されています。

では、当事者とは誰のことでしょうか?

判例によれば「時効によって直接に利益を受ける者及びその承継人」という判断基準によって、当事者であるか否かを判断します。

ー消滅時効ー

 

援用できる

援用できない

保証人・連帯保証人

 

物上保証人

 

抵当不動産の第三取得者

 

詐害行為の受益者

 

売買予約の目的不動産の後順位抵当権者及び第三取得者

 

先順位の抵当権が設定されている不動産の後順位抵当権者

 

A.2

≫≫問題・解説目次ページ

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ