【問14】不動産登記法問題と解説【2017年宅建士試験】

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【権利関係】問14の問題(不動産登記法)と解説を掲載しています。

不動産登記法

不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。
  2. 地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。
  3. 賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。
  4. 事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定めも登記事項となる。

【解答・解説】

  1. 正しい
    建物の表示に関する登記の登記事項については、不動産登記法44条1項に定められています。
    この条文によると、「建物の名称があるときは、その名称」についても建物の表示に関する登記の登記事項となっています。
  2. 正しい
    地上権の登記の登記事項については、不動産登記法78条に定められています。
    この条文によると、「存続期間の定めがあるときは、その定め」についても地上権の登記の登記事項となっています。
  3. 誤り
    賃借権の登記の登記事項については、不動産登記法81条に定められています。
    この条文によると、「敷金があるときは、その旨」についても賃借権の登記の登記事項となっています。
  4. 正しい
    賃借権の登記の登記事項については、不動産登記法81条に定められています。
    この条文によると、「事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をするときは、その定め」も登記事項となっています。

A.3

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ