【問8】連帯債務問題と解説【2017年宅建士試験】

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【権利関係】問8の問題(連帯債務)と解説を掲載しています。

連帯債務

A、B、Cの3人がDに対して900万円の連帯債務を負っている場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。なお、A、B、Cの負担部分は等しいものとする。

  1. DがAに対して履行の請求をした場合、B及びCがそのことを知らなければ、B及びCについては、その効力が生じない。
  2. Aが、Dに対する債務と、Dに対して有する200万円の債権を対当額で相殺する旨の意思表示をDにした場合、B及びCのDに対する連帯債務も200万円が消滅する。
  3. Bのために時効が完成した場合、A及びCのDに対する連帯債務も時効によって全部消滅する。
  4. CがDに対して100万円を弁済した場合は、Cの負担部分の範囲内であるから、Cは、A及びBに対して求償することはできない。

【解答・解説】

  1. 誤り
    民法434条によれば、「連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる。」とされています。
    Dが、Aに対して履行の請求をした場合、Aに対する時効が中断されます。それにより、B及びCに対する時効も中断されます。
  2. 正しい
    Aが、相殺の意思表示をすると、Dに対する債務が消滅し、それにより、B及びCについても、Dに対する債務が消滅します。
  3. 誤り
    Bの債務のみが時効完成により、消滅した場合、それにより、AとCは、Bの負担部分である300万円の債務を免れます。
    よって、A及びCのDに対する連帯債務が「全部消滅する」わけではありません。
  4. 誤り
    判例において、「自己の負担部分(300万円)を超えない一部弁済(100万円)などの場合にも、他の連帯債務者に対して負担部分の割合に応じて求償することができる。」とされています。

A.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ