【問49】土地問題と解説【2017年宅建士試験】

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問49の問題(土地)と解説を掲載しています。

土地

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 扇状地は、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積して形成された地盤である。
  2. 三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤である。
  3. 台地は、一般に地盤が安定しており、低地に比べ、自然災害に対して安全度は高い。
  4. 埋立地は、一般に海面に対して比高を持ち、干拓地に比べ、水害に対して危険である。

【解答・解説】

  1. 適切
    扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤です。なお、扇状地は、構造物の基礎について十分な支持力を持っているといえます。また、谷の出口に広がる扇状地は、土石流災害の危険性が高いといえます。
  2. 適切
    三角州とは、河川によって運ばれた土砂が河口付近に堆積することにより形成された地形であり、軟弱な地盤であるといえます。
  3. 適切
    台地は、一般的に、水はけがよいとされており、洪水や地震に対する安全性も比較的高いとされており、地盤にも地耐力があり、宅地に適しているといえます。
  4. 不適切
    埋立地は一般に海面に対して数メートルの比高を持ち、干拓地の方が災害に対して危険であるといえます。

A.4

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ