【問50】建物問題と解説【2017年宅建士試験】

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問50の問題(建物)と解説を掲載しています。

建物

建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。
  2. 鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。
  3. 常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。
  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。

【解答・解説】

  1. 不適切
    木材の強度は、含水率が小さい状態の方、つまり、乾燥状態の方が強度が大きくなるといえます。
  2. 適切
    一般的に、炭素の含有量が増加するほど引張強度が増大するといえます。
  3. 適切
    常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しいといえます。
    熱膨張率とは、温度上昇に伴い、物体の長さや体積が膨張する割合を温度あたりで表したもので、熱膨張係数ともいわれています。
  4. 適切
    鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造であるといえます。

A.1

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ