【問49】土地の問題と解説【2018年宅建士試験】

本試験お疲れ様でした。

当サイトでは、予想合格基準点掲載のため、以下のページにて、皆さんの自己採点の結果を集計しております。

ご協力の程、よろしくお願い致します。

≫≫2019年解答速報ページ

問49:問題(土地)

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 山麓の地形の中で、地すべりによってできた地形は一見なだらかで、水はけもよく、住宅地として好適のように見えるが、末端の急斜面部等は斜面崩壊の危険度が高い。
  2. 台地の上の浅い谷は、豪雨時には一時的に浸水することがあり、現地に入っても気付かないことが多いが、住宅地としては注意を要する。
  3. 大都市の大部分は低地に立地しているが、この数千年の間に形成され、かつては湿地や旧河道であった地域が多く、地震災害に対して脆弱で、また洪水、高潮、津波等の災害の危険度も高い。
  4. 低地の中で特に災害の危険度の高い所は、扇状地の中の微高地、自然堤防、廃川敷となった旧天井川等であり、比較的危険度の低い所が沿岸部の標高の低いデルタ地域、旧河道等である。

問49:解答・解説(土地)

解答・解説に関しましては、宅建士合格広場独自の見解に基づき作成したものとなっています。事前の予告をすることなく変更する場合がございますので予めご了承ください。

  1. 正しい。
    山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形、地すべりによってできた地形は、一見なだらかで、水はけもよく、住宅地として適しているようにみえます。しかし、これらの地形の末端の急斜面部等は、危険度が高く、住宅地としての利用を出来る限り避けた方が良い!といえます。
  2. 正しい。
    台地の上の浅い谷等は、現地に入っても気づかないことが多いが、豪雨のとき等一時的に浸水することもあるので注意が必要!といえます。
    なお、縁辺部なども崖崩れを起こす危険がある!といえます。
  3. 正しい。
    低地は、一般的に、地震や洪水等に弱く、住宅地としては適していない!といえますが、大都市の大部分は、用水や交通等の便利さから、低地に立地しています。
  4. 誤り。
    低地の中で特に災害の危険度の高い所は、沿岸部の標高の低いデルタ地域、旧河道等である!といえます。
    これに対し、
    比較的危険度の低い所は、扇状地の中の微高地、自然堤防、廃川敷となった旧天井川等である!といえます。
    本問では、逆になっています。

A.4

≫≫問題・解説目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ