直前答練を解く上での注意点~総仕上げ&レベル確認

令和2年宅建士試験独学合格

この度は、2019年度版宅建士直前答練をご購入頂きありがとうございます。

ご購入頂きました直前答練で、合格レベルに達しているのかどうかを把握してください。

直前答練5回とも合格点(37点)以上を取ることができた方は、本試験合格に欠かせない基礎力が身についています。ですので、本試験まで、その力を維持するための復習を怠らないでください。また、自分のものになっていない論点を1つずつ潰してください

皆さんは、合格に最も近い方ですので、油断だけは禁物です。

直前答練で合格点を取ることができなかった方については、モチベーションが下がると思います。しかし、昨年のデータで見ますと、直前答練で合格点を取れなかった方でも、多くの方が合格しています。もちろん、必死に勉強する必要がありますが・・・。

厳しい言い方になりますが、直前答練で合格点を取ることができなかった方は、まだ、本試験合格に欠かせない基礎力が身についていない!と思ってください。

そして、なぜ、合格点を取ることができなかったのか?を分析してください。

フルセット教材をご購入頂いた方なら、どこかの論点が漏れています

ですので、面倒かもしれませんが、再度、こちらが用意している教材を徹底的に潰してください。そうすることで、合格レベルに達することができます。

≫直前答練詳細ページはこちらから

点数集計

直前答練の問題のレベルは、昨年、一昨年と同じくらいですので、

宅建士合格広場独自の合格点は、5回とも37点としておりますが、皆さんの点数を反映させた合格点(上位15%)は、以下のとおりです。

第1回目:37点

第2回目:35点

第3回目:36点

第4回目:36点

第5回目:34点

解く上での注意点

1.時間練習

本試験では、2時間(免除の方は1時間50分)という限られた時間内で解く必要がありますので、

直前答練につきましても、時間を計って解いてください。

本試験では、本試験ならではの独特な緊張感もあり、これも考慮して、1時間40分(免除の方は1時間30分)で解くようにしてください。

2.取れる問題を取りこぼさない練習

宅建士試験は、取れる問題を取りこぼさない限り、必ず、合格点をとることができます。

直前答練も、本試験と同様、取れる問題を取りこぼさない限り、必ず、合格点をとることができます。

本試験では、おそらく、皆さんが見たこともないような問題も数問出題されます。

この数問は、捨てる必要があり、深入りしてはいけません。

深入りすると、「解けない!合格できないのでは?」など焦りが生じ、その焦りから取れる問題を取りこぼしてしまう恐れがあります。

直前答練も、皆さんが見たこともないような問題を数問出題していますので、是非、練習してください。

なお、直前答練で出題している問題については、本試験で出題される可能性が高い問題で、また、本試験でも出題されていますので、直前答練を解き終わった後は、時間をかけて、全問、押さえてください

 

≫直前答練詳細ページはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ