解除の遡及効を制限する民法545条1項ただし書!宅建士試験で狙われる

令和2年宅建士試験独学合格

教材購入者専用ページ内にあります復習まとめ集ポイント解説等の一部(権利関係編:債務不履行の解除問13・解除の遡及効を制限)を掲載しています。 理解を深めるためにも、復習まとめ集ポイント解説等をご利用ください。

2020年宅建士試験から改正民法が出題されますので、改正民法に対応した当サイトの販売教材を利用ください。過去問などを含め古い教材で勉強してはいけません。

解除の遡及効を制限:民法545条1項ただし書

流れに従って簡単に解説します。

Aは、甲土地を所有しています。

Aは、甲土地をBに対して売却しました。

その後、Bは、甲土地をCに対して転売しました。

その後、Bが、Aに対して代金を支払いませんでしたので、Aは、契約を解除しました。

解除されますと、そもそもAB間の売買契約自体が最初からなかったことになります。(解除の遡及効)

契約自体がなかったことになりますので、Bは、甲土地について何ら権利がありません。

つまり、Bは無権利者ということになります。

また、無権利者であるBから甲土地を購入したCも無権利者ということになります。

つまり、無権利者であるCは、Aに対して、「甲土地は私のものだ!」と主張することができません。(これは、公信力がない!ということでした。)

上記の話で終わってしまいますと、Cに不測の損害を与えるおそれがあります

そこで、何とかしてCを保護しよう!ということで、民法545条1項ただし書の規定(復習まとめ集問13のただし書以降の話です)があります。(解除の遡及効を制限した!)

この規定によって、Cは保護されることになりますが、当然に保護されるのではありません。

ここで判例が登場するのですが、

判例によれば、Cは、登記等を備えることで、Aに対して、「甲土地は私のものだ!」と主張することができます。

なお、民法545条1項ただし書の第三者は、解除前に登場した第三者のことですので、解除後に登場した第三者のことではありません。

≫民法徹底解説目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ