期待権の保護~民法徹底解説

【2019年度解答速報】

問1

問11 問21 問31 問41

問2

問12 問22 問32 問42

問3

問13 問23 問33 問43

問4

問14 問24 問34 問44

問5

問15 問25 問35 問45

問6

問16 問26 問36 問46

問7

問17 問27 問37 問47

問8

問18 問28 問38 問48

問9

問19 問29 問39 問49

問10

問20 問30 問40 問50

「民法の問題が難しい?」「民法を理解できない?」といった質問をよくお受けしています。

教材購入者の皆様からの要望をお受けし、宅建士試験で出題される可能性のある民法の条文等(このページでは、条件の成否未定の間における相手方の利益の侵害の禁止=期待権侵害の禁止)を出来る限り簡単に説明します。

宅建士試験の問題の中で一番難しいのは、民法の問題ですので、逆に、民法の問題で高得点を取ることができれば、合格に直結します。

民法の問題が苦手と思っている教材購入者の方は、是非、お読みください。

期待権の保護~民法条文

~民法128条~

条件付法律行為の各当事者は、条件の成否が未定である間は、条件が成就した場合にその法律行為から生ずべき相手方の利益を害することができない。

例えば、「Aさんが、Bさんに、新しい車を買ったら、今、所有している車をあげるよ!」という停止条件付贈与契約を締結したとします。

Bさんは、「Aさんが、新しい車を買ったら、車をもらえるんだ!」と期待します。これを期待権といい、その期待権を侵害してはいけません。

なお、条文上は、各当事者と記載されていますが、当事者だけでなく、第三者も含みます。

期待権の保護~民法解説

流れに従って、簡単に解説します。

Aさんは、Bさんが所有している甲不動産を購入したいと思っています。

Bさんは、甲不動産で生活をしていましたが、Aさんに売ってあげようと思いました。

そこで、「Bさんは、Aさんに、Cさんから乙不動産を取得することができれば売ってあげるよ!」という停止条件付売買契約を締結しました。

Aさんは、「早く、Bさんが乙不動産を取得することができれば良いのになあ!そうなったら、甲不動産を取得することができるのになあ!!」と期待しています。

Aさんが期待している中、Bさんは、Dさんから、「甲不動産を売ってください!」と言われました。

Aさんに売却するよりも、Dさんに売却した方が得と思ったBさんは、「まだ、Cさんから乙不動産を取得していないから、Aさんのことは無視しよう!」と思い、Dさんに、甲不動産を売却しました。

Aさんからすれば、「甲不動産を取得することができないの!すごく期待していたのに!!Bさんに裏切られた!!!」と思います。

これでは、Aさんが、かわいそうで、保護すべきです。

そこで、民法128条において、「条件付法律行為の各当事者は、条件の成否が未定である間は、条件が成就した場合にその法律行為から生ずべき相手方の利益を害することができない。」と規定され、この規定に違反した場合、利益を害された相手方(Aさん)に、不法行為等による損害賠償請求権が発生します。

※なお、条件成就前に、損害賠償を請求することができません。

では、甲不動産を購入したかったAさんは、甲不動産を自分のものにすることができないのでしょうか?

Bさんは、甲不動産を「B→A」「B→D」に譲渡している、つまり、二重譲渡になります。

よって、AとDは、対抗関係に立ち、登記等を先に備えた方が優先されます。

Aさんとしては、Dさんよりも先に、「仮登記」をしておきます。そして、条件が成就した後に、本登記をすれば、甲不動産を自分のものにすることができます。

問題にチャレンジ

【問題】

Aは、自己所有の甲不動産を3ヵ月以内に、第三者に売却することができ、その代金を受領することを停止条件として、Bとの間でB所有の乙不動産を購入する売買契約を締結した。条件成就に関する特段の定めはしなかった。この場合に関する次の記述は、民法の規定によれば、正しいですか?それとも、誤っていますか?

停止条件の成否が未定である間に、Bが乙不動産を第三者に売却し移転登記を行い、Aに対する売主としての債務を履行不能とした場合でも、停止条件が成就する前の時点の行為であれば、BはAに対し損害賠償責任を負わない。

【解答・解説】

この問題は、宅建士試験の過去問題(一部改題)です

期待権侵害

A(買主)とB(売主)との間で、停止条件付売買契約を締結しています。

条件は、「Aが、自己所有の甲不動産を3カ月以内に、第三者に売却することができ、その代金を受領すること」です。

問題文で「停止条件の成否が未定である間に、Bが乙不動産を第三者に売却し移転登記を行い、Aに対する売主としての債務を履行不能としました。」と記載されていますので、Aの期待権を侵害(民法128条の規定に違反)したことになります。

よって、Aに損害賠償請求権が発生するので、本問の「BはAに対し損害賠償責任を負わない。」旨の記述が誤りです

≫≫≫民法解説目次ページに戻る

【教材購入者の方へ】

民法の問題を難しく思っている受験生の方は、非常に多いです。

宅建士合格広場の教材で勉強している皆さんにとっては、他の受験生よりも差をつけることができる科目です。

皆さんは、お持ちの教材やポイント解説ページなど、専用ページにて紹介している勉強の流れに従って勉強して頂ければ、他の教材で勉強している方よりも有利な状態で本試験に挑むことができ、その結果、宅建士試験に合格することができます。

ですので、専用ページにて紹介している勉強の流れに従って勉強してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ