抵当権の放棄の計算~民法徹底解説

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

教材購入者専用ページ内にあります復習まとめ集ポイント解説等の一部を掲載しています。 理解を深めるためにも、復習まとめ集ポイント解説等をご利用ください。

2020年宅建士試験から改正民法が出題されますので、改正民法に対応した当サイトの販売教材を利用ください。過去問などを含め古い教材で勉強してはいけません。

抵当権の放棄~民法条文

~民法376条~

ーー1項ーー

抵当権者は、その抵当権を他の債権の担保とし、又は同一の債務者に対する他の債権者の利益のためにその抵当権若しくはその順位を譲渡し、若しくは放棄することができる。

ーー2項ーー

前項の場合において、抵当権者が数人のためにその抵当権の処分をしたときは、その処分の利益を受ける者の権利の順位は、抵当権の登記にした付記の前後による。

民法376条は、転抵当、抵当権の譲渡・放棄、抵当権の順位の譲渡・放棄について規定がされています。

このページでは、抵当権の放棄について、解説します。

出来る限り、テキストと違う角度で解説します。

抵当権の放棄~民法解説

流れに従って簡単に解説します。

Bさんは、Aさんに対して1,500万円を貸しています。

Cさんは、Aさんに対して800万円を貸しています。

Dさんは、Aさんに対して500万円を貸しています。

BとCには、担保としてA所有の建物に抵当権を設定し、Bは一番抵当権者、Cは二番抵当権者となります。

Dには、抵当権を設定しておらず、Dは一般債権者(無担保債権者)となります。

甲建物の価額が2,500万円だったとします。この場合、誰がいくら回収することができるのでしょうか?

回収できる順番は、「一番抵当権者B→二番抵当権者C→一般債権者D」となります。

よって、

Bさんは、1,500万円を回収することができます。

Cさんは、800万円を回収することができます。

Dさんは、200万円を回収することができます。

【放棄がなかった場合の回収額等】

 

債権額

回収額

一番抵当権者B

1,500万円 1,500万円

二番抵当権者C

800万円 800万円

一般債権者D

500万円 200万円

一番抵当権者Bさんが、一般債権者Dさんに対して、抵当権の放棄を行ったとします。

この場合、誰がいくら回収することができるのでしょうか?

※B・D間の合意により、抵当権の放棄を行うことができ、Aさんの同意は不要です。また、Cさんの合意は不要です。

抵当権の放棄とは、抵当権者(Bさん)が、無担保債権者(Dさん)のために抵当権を放棄することで、その放棄により、抵当権者(Bさん)と無担保債権者(Dさん)との間においては、平等な立場となり、両者の債権額に応じて、弁済を受けることができます。

具体的には、

放棄がなかった場合のBさんとDさんの回収額を合計します。ですので、1,700万円(1,500万円+200万円)です。

1,700万円をBさんとDさんの債権額により按分していきます。

Bさんが回収することができる金額は?
→1,700万円×1,500万円(Bさんの債権額)÷2,000万円(BさんとDさんの債権額の合計)=1,275万円となります。

Dさんが回収することができる金額は?
→1,700万円×500万円(Dさんの債権額)÷2,000万円(BさんとDさんの債権額の合計)=425万円となります。

そして、抵当権の放棄と全く無関係なCさんは、抵当権の放棄の有無に関係なく、800万円を回収することができます。よって、抵当権の放棄を行う場合には、Cさんの合意は不要となります。

【放棄があった場合の回収額等】

 

債権額

放棄前回収額 放棄後回収額

1,500万円

1,500万円 1,275万円

800万円

800万円 800万円

500万円

200万円 425万円

≫≫≫民法解説目次ページに戻る

その他の論点の解説に関しましては、教材購入者専用ページ内にあります復習まとめ集ポイント解説ページをご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ