遺留分侵害額の請求について!宅建士試験で狙われる?

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

フルセット専用ページ

セット教材購入者の方にお伝えしているパスワードで、フルセット専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、質問受付、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説、法改正対策問題、ミニテスト、統計対策問題等を用意しております。

直前答練専用ページ

直前答練購入者の方にお伝えしているパスワードで、直前答練専用ページのコンテンツをご利用頂けます。

当該ページには、直前答練の質問受付、直前答練の詳細解説、直前答練の動画解説、オンライン版答練の問題と解答・解説(1回分)を用意しております。

フルセット専用ページ(フルセット教材をご購入頂いた方の専用のページ)内にあります復習まとめ集ポイント解説等の一部(どの程度の遺留分侵害額の請求をすることができるのか?)を掲載しています。 理解を深めるためにも、復習まとめ集ポイント解説等をご利用ください。

2020年宅建士試験から改正民法が出題されますので、改正民法に対応した当サイトの販売教材を利用ください。過去問などを含め古い教材で勉強してはいけません。

遺留分侵害額の請求

もう一つだけ具体例を掲載します。

今度は債務があるパターンです。繰り返しになりますが、これ以上の深入りは禁物です。

では、見ていきます。

被相続人Aの相続人は、妻B、子供C、子供Dの3人で、相続開始時において有していたのが現金3,000万円、そして、債務1,000万円でした。なお、B・C・Dは、生前贈与されていないものとします。

なお、Aは、相続開始の3ヵ月前に愛人Eに対して現金5,000万円を贈与していました。

この場合、B・C・Dは、いくら、遺留分侵害額を請求することができるのでしょうか?

遺留分侵害額請求

繰り返しになりますが、

まずは、遺留分を算定するための財産の価額を求めていきます。

3,000万円+5,000万円(←Eは相続人ではないため、原則として、1年間にされた贈与)-1,000万円(←この具体例では、債務が追加)=7,000万円

次に、個別的遺留分、そして、遺留分の額を求めていきます。

「相続人が直系尊属のみ」以外の場合ですので、総体的遺留分が2分の1となります。

相続人が配偶者と子供の場合、法定相続分は、それぞれ2分の1となります。

そして、子供が2人いますので、子供の法定相続分2分の1を2人で均等に分け合うことになります。

ですので、法定相続分は、妻Bが2分の1、子Cが4分の1、子Dが4分の1となります。

個別的遺留分は?

妻B:4分の1

子C:8分の1

子D:8分の1

個別的遺留分

遺留分の額は?

妻B:7,000万円×4分の1=1,750万円

子C:7,000万円×8分の1=875万円

子D:7,000万円×8分の1=875万円

最後に、遺留分侵害額を求めていきます。

1.遺留分権利者が相続により取得した額

妻B:3,000万円(現金)×2分の1(法定相続分)=1,500万円

子C:3,000万円(現金)×4分の1(法定相続分)=750万円

子D:3,000万円(現金)×4分の1(法定相続分)=750万円

2.遺留分権利者承継債務の額

妻B:1,000万円(債務)×2分の1(法定相続分)=500万円

子C:1,000万円(債務)×4分の1(法定相続分)=250万円

子D:1,000万円(債務)×4分の1(法定相続分)=250万円

3.遺留侵害額

妻B:1,750万円-1,500万円+500万円=750万円

子C:875万円-750万円+250万円=375万円

子D:875万円-750万円+250万円=375万円

【計算の結果】

  • 妻Bは、愛人Eに対して、「750万円の金銭を支払ってください」と請求することができます。
  • 子Cは、愛人Eに対して、「375万円の金銭を支払ってください」と請求することができます。
  • 子Dは、愛人Eに対して、「375万円の金銭を支払ってください」と請求することができます。

 

≫民法徹底解説目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

宅建士試験予想問題

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ