【宅建士まとめ】譲渡所得とは何か!簡単に解説

フルセット専用ページ(フルセット教材をご購入頂いた方の専用のページ)内にあります復習まとめ集ポイント解説等(税その他編)の一部を掲載しています。

理解を深めるためにも、復習まとめ集ポイント解説等をご利用ください。

必ず、宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

譲渡所得とは

所得税法では、所得を、利子所得、配当所得、給与所得、事業所得、不動産所得、譲渡所得などに区分していますが、

宅建士試験では、主に、譲渡所得が出題されています。

土地や建物などの資産を譲渡することによって生ずる所得

これが、譲渡所得となります。

しかし、事業用の商品などの棚卸資産を譲渡しても、譲渡所得とはなりません。(事業所得等となります)

※譲渡とは、有償・無償を問わず、所有資産を移転させる一切の行為のことをいいます。

収入金額- (取得費+譲渡費用)-特別控除額=課税譲渡所得金額となります。

 課税譲渡所得金額×税率=譲渡所得の税額となります。

※細かい部分は復習まとめ集でご確認ください。

上記の算式に記載した

収入金額とは?取得費とは?譲渡費用とは?

これらが、復習まとめ集の問11~14に記載しています。

譲渡所得は、短期と長期に分けることができますが、

短期と長期とで、上記算式の税率が異なることになります。

税率については、復習まとめ集の問18・19に記載しているとおりです。

問題にチャレンジ

次の記述は、正しいですか?それとも、誤っていますか?

譲渡所得とは資産の譲渡による所得をいうので、不動産業者である個人が営利を目的として継続的に行っている土地の譲渡による所得は、譲渡所得として課税される。

解答:誤り

譲渡所得とは、資産の譲渡による所得のことであるが、棚卸資産の譲渡その他営利を目的として継続的に行われる資産の譲渡等については、譲渡所得に該当せず、事業所得として課税されます。

問題にチャレンジ

次の記述は、正しいですか?それとも、誤っていますか?

本年1月1日における所有期間が10年以下の居住用財産の譲渡については、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除を控除した後の金額に、15%の税率により、所得税が課税される。

解答:誤り

長期譲渡所得(譲渡年1月1日現在、所有期間5年超)の税率は、所得税が15%、住民税が5%となります。

これに対し、

短期譲渡所得(譲渡年1月1日現在、所有期間5年以下)の税率は、所得税が30%、住民税が9%となります。

本問では、一律に15%としている部分が誤りです。

※復興特別所得税については、考慮していません。

問題にチャレンジ

次の記述は、正しいですか?それとも、誤っていますか?

個人が所有期間5年以内の土地を譲渡した場合には、譲渡益から譲渡所得の特別控除額を差し引いた後の譲渡所得の金額の2分の1相当額が課税標準とされる。

解答:誤り

土地や建物の譲渡の場合、「譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額=課税譲渡所得金額」→「課税譲渡所得金額×税率=税額」となります。

これは、短期譲渡所得でも、長期譲渡所得でも同じです。

※細かい解説はポイント解説でご確認ください。

≫税その他ポイント解説目次ページ

フルセット教材詳細・お申込み

お申込みは24時間・土日・祝日も受け付けております

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の流れ

 

STEP1:理解して暗記

テキストではなく、覚えるべき論点をまとめた復習まとめ集を覚えます。

単に暗記するだけでは、知識が定着せず、また、民法など一定の問題には対応することができず、理解が必要となります。

そこで、テキスト、ポイント解説、動画解説を使って、復習まとめ集に掲載している論点を理解して頂きます。

なお、注意すべき事項として言いましたが、テキスト、ポイント解説以上の深入りは禁物です。

STEP2:理解して解く

復習まとめ集に掲載している論点を暗記しているのかどうか?理解しているのかどうか?を確かめる必要があり、また、知識をより一層深めるためにも問題を解く必要があります。

そこで、一問一答問題集と四肢択一問題集を使ってください。

使う順番としては、「一問一答問題集→四肢択一問題集」となります。

問題を解き終われば、問題集上の解説だけでなく、必ず、ポイント解説と動画解説も忘れることなく使ってください。

これでもなお理解できない問題が出てきたときには、テキストやポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば、質問をご利用ください

STEP3:復習を毎日継続

知識が定着していない間は、覚えては忘れる

これを繰り返すことになり、勉強が嫌になる理由の一つですが、合格する方は、必ず、これを乗り越えてきます。

ですので、皆さんも、知識が定着するまでは、毎日、復習を継続してください

復習まとめ集を使って復習をしてください。そして、2・3日に一度は、問題も解きなおしてください

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ