【問33】重要事項の説明問題と解説【2017年宅建士試験】

平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業法等】問33の問題(重要事項の説明)と解説を掲載しています。

7/31まで早割価格!

2018年度版直前答練

販売価格3,500円

~7月31日までの早割価格です~

≫詳細はこちらのページで

 宅建士合格広場教材

重要事項の説明

宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。

  1. 宅地の売買の媒介を行う場合、売買の各当事者すなわち売主及び買主に対して、書面を交付して説明しなければならない。
  2. 宅地の売買の媒介を行う場合、代金に関する金銭の貸借のあっせんの内容及び当該あっせんに係る金銭の貸借が成立しないときの措置について、説明しなければならない。
  3. 建物の貸借の媒介を行う場合、私道に関する負担について、説明しなければならない。
  4. 建物の売買の媒介を行う場合、天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは、その内容について、説明しなければならない。

【解答・解説】

  1. 誤り
    買主や借主に重要事項の説明をする必要があり、売主や貸主に説明をする必要はありません。
    ただし、買主や借主が宅建業者の場合、重要事項の説明をする必要がなく、35条書面を交付すれば足ります。
  2. 正しい
    売買・交換の場合、代金又は交換差金に関する金銭の貸借のあっせんの内容及びそのあっせんに係る金銭の貸借が成立しないときの措置については、説明しなければなりません。
  3. 誤り
    売買・交換と宅地の貸借の場合、私道に関する負担に関する事項について説明しなければなりません。ただし、建物の貸借の場合には、説明する必要がありません。
  4. 誤り
    売買・交換の場合、天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは、その内容について37条書面に記載しなければなりませんが、重要事項として説明をする必要はありません。

A.2

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材