国土利用計画法【間違いを探せ問題】

以下のページにて、令和元年宅建士試験の解答と予想合格基準点を掲載しております。

≫≫2019年解答速報ページ

今から、宅建士試験の国土利用計画法【事後届出】で暗記して頂きたい条文や判例等を掲載します。

ただ、その中には、あえて、間違っている文章を掲載しています。

じっくり読み、間違った文章を探してください。

事後届出【国土利用計画法】

間違った文章を探し出してください。なお、正しい文章については、正確に暗記してください。

  1. 時効により土地を取得した場合、事後届出は、不要である。
  2. 市街化区域内においては、5,000平方メートル未満の土地売買等については、事後届出が不要である。
  3. 相続により土地を取得した場合、面積要件を満たせば、事後届出をしなければならない。
  4. 停止条件付きの土地の売買契約の場合、停止条件付きの売買契約を締結した日から2週間以内に事後届出をしなければならない。

教材購入者の方は、以下の解答ページをご覧ください。

≫≫解答ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ