2020年(令和2年)宅建士試験~合格できる教材で合格できる勉強

令和2年宅建士試験独学合格

平成から令和となり、ますます、宅建士試験は、難しい試験になりつつあります。

令和2年(2020年)宅建士試験合格に向けて、

まずは、覚えるべき箇所、理解すべき箇所を知る必要があります。

そして、

覚えるべき箇所を正確に覚え、理解すべき箇所を理解する必要があります。

当たり前の事を言っているのかもしれませんが、宅建士試験の合格点を見る限り、当たり前の事を出来ていない方が、非常に多いのが現状です。

このページは、フルセット教材をご購入頂いた方に向けての記事となっています。

必ず、お読みください。

復習まとめ集を中心!テキストは参考書!!

復習まとめ集を押さえる!

復習まとめ集を押さえるためには、「テキスト完成版」と「復習まとめ集ポイント解説」で・・・。

復習まとめ集に記載している論点を覚え、そして、覚えた論点を使えるようになれば、必ず、宅建士試験に合格することができます。

復習まとめ集に記載している論点を覚えるにあたっても、また、使えるようになるにあたっても、その論点の意味合いを知る(具体例などを知る!つまり、理解!!)必要があります。

そこで、登場するのが、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説です。

テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使って、復習まとめ集に記載している論点の意味合いを知ってください!

もちろん、意味合いなんか不要!という部分も多くあります。この部分については、あえて、深く解説していません。ですので、深く解説していない箇所は、絶対に深入りしないでください。

確かめるためのツールが問題集!

復習まとめ集に記載している論点を正確に覚えているのかどうか?

また、覚えた論点を使えるようになっているのか?

これらを確かめる必要があります。

そこで、登場するのが一問一答式問題集(合否に直結する基本問題)と四肢択一式問題集(他の受験生と差をつけることができる難問)です。

一問一答式問題集と四肢択一式問題集には、

過去33年間の本試験で出題された問題(過去問33年分)の中から出題される可能性のある問題を掲載しています。(改正民法など改正対応済み)

また、最近では頻出の改正論点に対応する問題(改正民法や改正建築基準法など改正論点に対応するためのオリジナル問題)も多く掲載しています。←ここが、令和2年(2020年)宅建士試験に合格するのかが決まります。

繰り返しになりますが、

復習まとめ集に記載している論点を正確に覚えているのかどうか?また、覚えた論点を使えるようになっているのか?を確かめるために、一問一答式問題集と四肢択一式問題集を使っていきます。

解説の流れ~動画解説→ポイント解説等

問題集で問題を解いた後は、正解した問題であっても、必ず、問題集に記載している解説をお読みください。問題集上の解説は、解答根拠となる規定等をまとめています。

また、問題集上の解説をお読みになられた方は、必ず、動画解説等をご視聴ください。ここでは、意味合いなど深く解説しています。

ここまで勉強すれば、合格するための力が身についています。

しかし、

当然、理解できない問題も出てくると思います。

この場合には、テキスト完成版や復習まとめ集ポイント解説に戻ってください。ここは、怠らないようにしてください。

戻ってもまだ、理解できない問題については、質問をご利用ください。

合格に向けての勉強の流れ

面倒なことなのは分かっています!

しかし、必ず、以下の流れに従って勉強してください

テキスト完成版を読む!

テキストを覚える必要はありませんので、さらっとお読みください!

※必ず、1項目ずつお読みください。

ここからが本番です。

復習まとめ集を覚えてください。

この際、意味の分からない論点も出てきますが、当然です。

ここで使う教材が、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説です。

テキスト完成版や復習まとめ集ポイント解説に記載していない論点は、理解が不要な論点ですので、ここは、しんどいですが、理解なき暗記です。徹底的に繰り返してください。

100%暗記していなくても、また、100%理解していなくても、

問題集を使って問題を解いてください。

そして、

問題集上の解説→動画解説等→テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説

の流れです。

この時点でも分からない!という論点があれば、質問を利用してください。

なお、理解が不要な論点については、その論点の解説と同時に、理解は不要!とご回答致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ