宅建士試験の時間配分について!

宅建士試験の試験時間は、午後1時から午後3時までの2時間です。

ただし、登録講習修了者については、午後1時10分から午後3時までの1時間50分です。

時間制限がある以上、時間配分の対策を立てることが、合格に欠かせない重要な要素です。

本試験での時間配分について記載していくので、最後までお読みください。

 宅建士合格広場教材

本試験での理想的な時間配分

「本試験で、時間が足りなかったから不合格になった!」

そのことだけは、必ず、避けなければなりません。

下の表は、理想的な時間配分を掲載しています。現実的には、3、4分ぐらいは、繰り下げて頂いても問題ありません。

▼理想的な時間配分
13時~13時30分まで!権利関係の問題(14問)を解き終える。最近の宅建士試験では、問1~問14です。
13時30分~13時47分まで!法令上の制限の問題(8問)を解き終える。最近の宅建士試験では、問15~問22です。
13時47分~13時54分まで!税その他の問題(3問)を解き終える。最近の宅建士試験では、問23~問25です。
13時54分~14時35分まで!宅建業法等の問題(20問)を解き終える。最近の宅建士試験では、問26~問45です。

14時35分~14時45分まで!

5点免除科目の問題(5問)を解き終える。最近の宅建士試験では、問46~問50です。
14時45分~本試験終了の合図まで!飛ばしていた問題を解いたり、マークシートへの転記ミスがないかどうかのチェック!

時間制限をかけて問題を解く!

理想的な時間配分を達成するためには、1問当たり約2分で解く必要があります。

もっと細かく言えば、1肢当たり、30秒以内で解く必要があります。

最初から、1肢当たり、30秒以内で解くことはできません。解けるようになるためには、練習をするしかありません。

 

練習に最適な教材が予想模試です。

本試験と同様の形式、かつ、レベルで作成しているので、徹底的に、「時間以内に解く!」練習をしていきましょう。

なお、予想模試で練習する際には、1肢当たり20秒、1問当たり1分20秒で解くようにしてください。

なぜなら、本試験は、独特の緊張感があり、普段より、解くスピードが遅くなる可能性があるからです。

【注意】

なお、過去問で練習するのはおすすめできません。

なぜなら、過去問題については、じっくり時間をかけ、一肢ずつ正確に解いて頂きたいからです。

 

時間を多く要する問題を飛ばす!

「時間以内に解く!」練習をしてきた皆さんなら、どの問題が、時間を多く要するか!

が分かっているはずです。

分からない方は、練習不足です!

「時間を多く要する問題=難しい問題」ではないのですが、本試験で時間を多く要する問題が出題された場合、時間配分の観点から、一旦、飛ばしていた方が無難です!

なぜなら、時間を多く要する問題を先に解いてしまった結果、時間が足らなくなり、最後の数問が解けない可能性があるからです。

ただ、問題を飛ばした場合には、マークシートの転記ミスに要注意!!

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ

宅建教材