民法勉強法【宅建士試験】

■□今日の一問一答■□

本日の問題は、民法の「留置権」の問題となっています。基本論点から出題していますので、必ず、押さえてください。

≫問題ページはこちらから

宅建士試験の4つの項目(権利関係、法令上の制限、宅建業法、税その他)の中で、権利関係、特に、民法が難しいと思われる方が多いと思います。実際に、宅建士試験の中で、権利関係の民法の問題が難しいです。

多くの受験生の方が、民法を苦手と思っている以上、当然のことながら、民法を攻略することが出来れば、宅建士試験合格に近づきます。

民法勉強法

民法に関しましては、まずは、復習まとめ集を使って、重要な条文や判例のポイントを覚えてください

しかし、覚えるだけでは、本試験問題に対応することができません。

本試験問題に対応するためには、重要な条文や判例の具体例を知ることです。つまり、意味合いを知ることです

宅建士合格広場では、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説を使って、多くの具体例を使って意味合いを解説します。

意味合いを知った後は、徹底的に問題を解いてください。

問題を解くには、過去問を利用すべきなのですが、2020年度(令和2年度)宅建士試験からは、過去問の半分以上は、利用することができません。なぜなら、改正民法が出題されるからです

なお、宅建士合格広場から販売しています一問一答問題集と四肢択一式問題集は、改正民法に対応した問題を掲載していますので、心配いりません。

なお、問題を解いた後は、要点をまとめた解説を読んでください。

解説を読んだ後は、ポイント解説と動画解説を利用してください。

ポイント解説と動画解説では、図や具体例などを使い、より深く、分かりやすく解説しています。これで、知識も深まります。

ここまで勉強して頂ければ、本試験でも、高得点を取ることができます。

フルセット教材詳細・お申込み

お申込みは24時間・土日・祝日も受け付けております

 

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ