何の規定が問われているのか?~解答根拠となる規定を理解

2018年宅建士試験の合格点→→37点

2018年宅建士試験の合格率→→15.6%

2019年度版フルセット教材販売開始

~早割価格7,000円~

合格を可能にするフルセット教材で、必ず、2019年度宅建士試験合格を勝ち取りましょう!

≫≫≫フルセット教材の詳細はこちらから

 

教材購入者の皆様は、必ず、テキスト完成版、動画解説、ポイント解説などがあります専用ページ内で勉強してください。

≫≫≫教材購入者専用ページ

2019年度版宅建士試験教材

問題を解くためには、【何の規定について問われているのか?】を瞬時に見極める必要があります。

それを可能にするためには、解答根拠となる規定の意味合いを理解する必要があります

解答根拠となる規定の意味合いを理解してもらうための教材を新たに教材購入者専用ページにて提供していきます。

解答根拠となる規定

宅建士試験に限ってではないのですが、問題というものは、解答根拠となる規定をもとに作成しています。

おそらく、意味が分からないと思いますので、過去問題を使ってご説明します。

次の記述は、民法の規定によれば、正しいですか?それとも誤っていますか?

Aの所有する甲土地をBが時効取得した場合、Bが甲土地の所有権を取得するのは、取得時効の完成時である。

この問題は、2017年宅建士試験【問2肢1】の問題です。

解答は、誤った記述となります。

この問題は、「民法144条と判例」をもとに作成されています。

「時効の効力は、その起算日にさかのぼる。」、これが、民法144条です。

「取得時効の場合、起算日は、占有を開始した時である。」、これが、判例です。

この2つの規定、つまり、解答根拠となる規定をもとに問題が作成されています。

具体的な対策

具体的にどのような教材を提供していくのかを少しだけ説明します。

誤った具体例(問題)だけを出題していきます。

そして、皆様に、「どこが間違っているのか!」「なぜ間違っているのか!」を考えて頂きます。

考えて頂いたうえで、私共が、「どこが間違っているのか!」「なぜ間違っているのか!」を解説していきます。

それにより、解答根拠となる規定の意味合いを理解してもらいます。

宅建士教材販売

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ