令和2年(2020年)宅建士試験解答速報

2021年(令和3年)宅建士試験教材

【2020年宅建士試験解答】

~10月試験~

問1

問11 問21 問31 問41

問2

問12 問22 問32 問42

問3

問13 問23 問33 問43

問4

問14 問24 問34 問44

問5

問15 問25 問35 問45

問6

問16 問26 問36 問46

問7

問17 問27 問37 問47

問8

問18 問28 問38 問48

問9

問19 問29 問39 問49

問10

問20 問30 問40 問50

※解答速報に関しましては、宅建士合格広場が独自に作成したものです。変更する場合がございます。解答に関するご質問はお受けしておりませんので、予めご了承ください。

※合格ラインの予想に関しましては、宅建士合格広場が独自に作成したものです。ですので、実際の結果と異なる場合がございますので、予めご了承ください。

※【問42】に関しましては、肢4だけでなく、肢1も正解となる可能性があります。

詳しくは、過去問解説ページ(フルセット購入者専用)でご確認頂きたいのですが、

少しだけ説明しますと、

そもそも、「通知期間」の話ではなく「担保責任を負う期間」の話となっており、

通知によって保全された権利は、消滅時効が完成(契約不適合を知った時から5年・目的物の引き渡しを受けた時から10年)するまでに行使すればよい!ということになります。

仮に、買主が、目的物の引き渡しを受けた時から1年後に契約不適合を知ったとします。

この場合、買主は、知った時から1年以内にその旨を売主に通知すれば、追完請求や代金減額請求などの権利が守られることになり、

後は、消滅時効が完成(知った時から5年)するまでに、行使すればよい!いうことになります。

一方、特約は?

また、仮に、「買主が目的物の引渡しを受けた時から11年後に契約不適合を知った場合」などであれば、どうなるのか?

いずれにせよ、現時点で言えることは、肢1も正解となる可能性があります。

令和2年(2020年)宅建士試験合格基準点は?

皆さんの点数の集計結果等を考慮し、また、昨年と同様の合格率(17%台)とした場合、

令和2年(2020年)宅建士試験の合格点は、37点と予想させていただきます。

予想合格基準点は、宅建士合格広場が現時点でのデータに基づいて予想したものですので、実際の結果と異なる場合がございます。予めご了承ください。

≫2020年10月試験講評ページはこちら

今年度の宅建士試験は、12月にも試験が行われますので、1月末まで、超早割価格でフルセット教材を販売いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の流れ

 

STEP1:理解して暗記

テキストではなく、覚えるべき論点をまとめた復習まとめ集を覚えます。

単に暗記するだけでは、知識が定着せず、また、民法など一定の問題には対応することができず、理解が必要となります。

そこで、テキスト、ポイント解説、動画解説を使って、復習まとめ集に掲載している論点を理解して頂きます。

なお、注意すべき事項として言いましたが、テキスト、ポイント解説以上の深入りは禁物です。

STEP2:理解して解く

復習まとめ集に掲載している論点を暗記しているのかどうか?理解しているのかどうか?を確かめる必要があり、また、知識をより一層深めるためにも問題を解く必要があります。

そこで、一問一答問題集と四肢択一問題集を使ってください。

使う順番としては、「一問一答問題集→四肢択一問題集」となります。

問題を解き終われば、問題集上の解説だけでなく、必ず、ポイント解説と動画解説も忘れることなく使ってください。

これでもなお理解できない問題が出てきたときには、テキストやポイント解説などに戻ってください。これでもなお理解できないのであれば、質問をご利用ください

STEP3:復習を毎日継続

知識が定着していない間は、覚えては忘れる

これを繰り返すことになり、勉強が嫌になる理由の一つですが、合格する方は、必ず、これを乗り越えてきます。

ですので、皆さんも、知識が定着するまでは、毎日、復習を継続してください

復習まとめ集を使って復習をしてください。そして、2・3日に一度は、問題も解きなおしてください

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ