37条書面穴埋め問題

以下のページにて、令和元年宅建士試験の解答と予想合格基準点を掲載しております。

≫≫2019年解答速報ページ

【復習まとめ集:宅建業法編NO2:37条書面】から出題しております。

一部分だけ掲載しておりますので、この続きは、宅建士合格広場から販売しております復習まとめ集をご利用ください。

下記の記述の( )には、何が入るのでしょうか?

宅建業者は、37条書面の作成及び交付を宅地建物取引士でない従業者に行わせることが(できる)

当事者の(氏名(法人の場合、その名称))及び住所は、売買・交換・貸借の場合の必要的記載事項である。なお、重要事項の説明内容ではない。

37条書面は、37条書面に記載すべき事項が記載された契約書で代用することが(できる)

≫復習まとめ集販売詳細ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ