取引士穴埋め問題

以下のページにて、令和元年宅建士試験の解答と予想合格基準点を掲載しております。

≫≫2019年解答速報ページ

【復習まとめ集:宅建業法編NO1:宅地建物取引士】から出題しております。

一部分だけ掲載しておりますので、この続きは、宅建士合格広場から販売しております復習まとめ集をご利用ください。

下記の記述の( )には、何が入るのでしょうか?

登録を受けている者は、(登録をしている都道府県知事)に対し、宅地建物取引士証の交付を申請することができる。

事務所ごとに宅建業の業務に従事する者(5人に1人以上)の割合で、専任の宅地建物取引士を置く必要がある。

宅地建物取引士が登録の移転をすると、その宅地建物取引士が現に有している宅地建物取引士証(従前の宅地建物取引士証)の効力は(失う)

登録の移転の申請とともに、宅地建物取引士証の交付の申請をする場合、法定講習は、(不要)となる。

≫復習まとめ集販売詳細ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ