35点?36点?37点?不安な気持ち!

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

平成30年(2018年)度宅建士試験の合格発表日(12月5日)まで、まだ日にちがあります。

受験生の方から、「合格点は何点ですか?」、「34点では不合格でしょうか?」「35点でも合格できる可能性がありますか?」、「36点取っていれば、合格できますよね?」「37点取っていれば、確実に合格?」などの質問をお受けしています。

皆さんも、不安な気持ちを抱えているのではないのでしょうか?

不安な気持ちを抱えていても仕方がないことは、分かっているが、自然と不安になりますよね。

宅建士合格広場の質問に対する回答

当サイトは、皆さんの不安な気持ちを取り除くことはできません。

合格発表日(12月5日)がくるまでは、皆さんの不安な気持ちを取り除くことはできません。

ただ、あまりにも多くの受験生の方から質問をお受けしているので、このページで、ほんの一部ですが、皆さんの質問に対する当サイトの回答を掲載していきます。

なお、質問の大多数が、「34点、35点、36点、37点」の方です。

参考程度にご覧ください。

正直に言いますと、34点では、合格することが難しい!と思っています。ただ、合格発表日がくるまでは、試験委員以外の方は、「合格点が、何点なのか!」が分かりません。

正直に言いますと、合格できる確率は低い!と思っています。できれば、2017年、2016年と同じ合格点になることを願っていますが・・・。

合格発表日がくるまでは、試験委員以外の方は、「合格点が、何点なのか!」が分かりません。

問題のレベルだけで分析しますと36点で合格できます!と言えるのですが、受験生の方の点数を集計した結果、36点で合格できます!とは言いきれません。

今年の試験では、36点の方が一番不安だと思います。

合格発表日がくるまでは、試験委員以外の方は、「合格点が、何点なのか!」が分かりません。

当サイトといたしましては、37点が合格点だと予想します。

これから宅建士試験にチャレンジする方へ

上記の質問と回答を見て頂ければ分かると思いますが、「1点」が、物凄く重要です。

「1点」で、笑う人もいれば、泣く人もいます。

皆さんは、泣く人になってはいけません。

「泣く人」にならないためには、当然ですが、質の高い勉強をライバルよりも多くしなければなりません。

当サイトは、皆さんに合格できる教材を提供します。

あとは、皆さんが、その教材を徹底的にマスターしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ