2019年リベンジ!不合格になってしまった理由?

2020年宅建士試験教材

令和2年宅建士試験独学合格

教材購入者の皆さんへ

必ず、教材購入者専用ページ内にありますテキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説・動画解説・問題集ポイント解説を使ってください。

≫教材購入者専用ページ

2019度宅建士試験にリベンジする方は、なぜ、不合格になってしまったのかを分析しましょう。

分析することにより、自分に何が足りなかったのかを知りましょう。

足りないものを知ってから、リベンジを果たすための勉強を開始しましょう。

不合格になってしまう主な理由を取り上げたいと思います。

このページの記事は、2019年宅建士試験にリベンジする方に向けて作成したものです。

2020年(令和2年)宅建士試験にリベンジする方は、以下のページをご覧ください。

≫2020年(令和2年)リベンジを果たす方へ

全項目を網羅していない

皆さんは、本試験までに、全項目を勉強しましたか?

全項目を勉強していなくても、その項目が本試験で出題されなかったときは、合格できる可能性はあります。

しかし、勉強していない項目が、本試験で出題されたときは、不合格になる可能性が高くなります。

リベンジを果たす皆さんは、本試験までに、全項目を網羅して下さい。最初から、捨てる勉強をしないで下さい。

重要論点を暗記していない

皆さんは、本試験までに、重要論点を暗記しましたか?

独学で勉強している方は、そもそも、重要論点がどこかを把握していない方が多いです。

重要論点がどこかを把握していないと、当然、不合格になる可能性が高くなります。

リベンジを果たす皆さんは、本試験までに、重要論点を暗記して下さい

宅建士合格広場では、「重要論点がどこか!」を把握してもらうために、復習まとめ集と要点整理集を販売しております。是非、ご利用下さい。

解くべき問題を解いていない

皆さんは、本試験までに、何問、問題を解きましたか?

「問題演習量を増やす。」ことは、合格に直結します。

ただし、解く必要のない問題を、何問解いても、点数は、上がりませんし、合格に直結しません。

「10年分の過去問を解けば、合格できる。」と誤解している方が多いです。

過去問が不要と言っているわけではなく、解かなければいけない過去問を解いて頂きたいです。

リベンジを果たす皆さんは、本試験までに、「解かなければいけない問題」を1問でも多く解いて下さい

宅建士合格広場では、「解かなければいけない問題」を掲載した問題集を、レベルに応じて、要点整理集(易)、一問一答問題集(普通)、四肢択一問題集(難)を販売しております。是非、ご利用下さい。

分からない箇所を放置

皆さんは、本試験までに、分からない箇所を解決できましたか?

勉強を進めていくと、必ず、分からない箇所が出てきます。

分からない箇所が、本試験で出題されなかったときは、ラッキーですが、出題されたときは、不合格になってしまう可能性が高くなります。また、分からない箇所がたまってくると、勉強自体が嫌になる可能性もあります。

出来る限り、本試験までに、分からない箇所をなくす必要があります。

ただし、独学で勉強している方は、1人で解決していかなければなりません。

リベンジを果たす皆さんは、本試験までに、「分からない箇所」を1つでも多く解決して下さい

宅建士合格広場では、教材購入者の方に限り、質問をお受けしております。是非、ご利用下さい。

復習を怠っていた

皆さんは、本試験までに、勉強した論点全てを頭の中に入れていましたか?

宅建士試験は、勉強する範囲が広いです。

なので、復習をしない限り、以前に勉強した論点を忘れていきます。

忘れた状況で、本試験に挑めば、不合格になってしまう可能性があります。

リベンジを果たす皆さんは、本試験までに、「勉強した論点」を忘れないように、復習して下さい

宅建士合格広場では、復習の際に使って頂きたい復習まとめ集を販売しております。是非、ご利用下さい。

本試験に慣れていなかった

皆さんは、本試験までに、予想模試を解きましたか?

時々、「本試験で力を出せなかった。」という話を聴きます。

本試験で力を出せない主な理由は、以下のとおりです。

  1. 本試験独特の緊張感に負ける。
  2. 難しい問題で頭がパニックになり、普段なら解ける問題も解けなくなる。
  3. 2時間という時間制限に焦る。

これを解決するためには、練習するしかありません。

そこで、宅建士合格広場では、7月中旬ころから、直前答練を販売します。

この直前答練は、本試験と同じレベルの問題を出題していますので、合格するための力が身についているかどうかを試すと同時に、時間以内に解く練習をしてください。

勉強する時間がなかった

皆さんは、勉強する時間を確保できましたか?

多くの時間を勉強に費やしたからとって、合格できるものではありません。ただし、多くの時間を勉強に費やした方が、合格に近づけます。

先程も言いましたが、宅建士試験の勉強範囲は広いので、ある程度の勉強時間を確保しなければなりません。

リベンジを果たす皆さんは、リベンジすると決めた瞬間から、勉強を始めて下さい。早く勉強を始めることは、しんどいと思いますが、その分、合格に近づけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、復習まとめ集を覚えます。

復習まとめ集に記載している重要論点の意味合いを知る(理解する)ために、テキスト完成版と復習まとめ集ポイント解説を使います。

【OUTPUT】

復習まとめ集を、覚えているのかどうか?使えるようになっているのかどうか?を確かめるために、一問一答問題集(基本問題)と四肢択一問題集(応用問題)を使います。

問題を解けば、【問題集の解説→動画解説・問題集ポイント解説】の流れです。

これでも、分からない問題は、【テキスト完成版・復習まとめ集ポイント解説に戻る→質問】の流れです。

【その他】

問題集で解くべき過去問(改正民法などに対応済み)を網羅していますので、市販の過去問などを解く必要はありません

毎日、復習をしてください。本試験までずっとです。復習に使う教材は、復習まとめ集です。1週間に1回くらいは、問題集等で問題を解いてください。

理解が不要な論点については深入りしてはいけません。なお、理解すべき論点については、テキスト完成版、復習まとめ集ポイント解説、動画解説などで解説しています。

令和2年宅建士試験独学合格

お問い合わせ

宅建士合格広場から販売している教材に関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。    

≫お問い合わせフォームでのお問い合わせ・ご相談

お問い合わせページへ

≫販売教材に関するよくある質問を掲載しております。

よくある質問ページへ